なぜロシア人は新年を2度祝うのか?

Getty Images
 新年の11日後、ロシア人には再びシャンパンのボトルを開ける別の機会がある。オールド・ニュー・イヤー、つまり旧正月である。古い・・・新年?!そう、ロシアの生活におけるこのもっとも有名な撞着語法は、これでやっと昨年と今年のお祝いをすべて終えることができることを意味するのである。

 旧正月は国民の休日ではない。この日までにロシアには、新年とロシア正教のクリスマスを祝うための11日もの十分な休日がある。しかし、1月13日から14日にかけて、またお祝いをする理由がある。

なぜ旧正月が“生まれた”のか?

 ロシアのほとんどの祝日と同じく、旧正月が生まれたのは1917年の革命後である。ボリシェヴィキはユリウス暦から、13日の相違があるグレゴリオ暦に移行したからである。そこで1月1日の新年は1月14日に、そしてもっと重要なのはクリスマスは12月25日から1月7日に移動した。

 ロシア人は新年の前ではなく、新年の後に祝うことになかなか慣れることができなかった。実際、本当の新年の前日である12月31日に、ロシア正教徒たちはお祝いすることができないことを意味した。なぜなら、この日、ロシア正教徒たちは精進期で、お酒を飲むことも七面鳥(それ以外の肉製品入りのサラダや卵)を食べることができなかったからである。

 そこで、ロシア正教徒たちは、ささやかな楽しみを味わうために、古いカレンダーに合わせて非公式にお祝いすることにしたのである。現在、ロシア正教会は1月14日を正式に主の割礼祭としている。

ロシア人にとって旧正月はどのような意味を持っているのか?

 この“新たな”伝統が人々の間に浸透していくにつれて、宗教的な意味は失われたが、ロシア人は祝杯を上げるためのもう1つの機会を手にすることとなった。

 旧正月は芸術にも反映された。モスクワ芸術アカデミー劇場で上演されたミハイル・ロシンの「旧正月」は大成功を収め、その後、この芝居を基にした映画も制作された。

 有名なソ連の詩人、アンドレイ・ヴォズネセンスキーは、「旧正月」というタイトルの詩を書いた。その中で、ヴォズネセンスキーは、1月1日から13日までの「差」について詠んでいる。

 こちらは1980年代にスタス・ナミンがこの詩をテーマに撮影したビデオクリップ。

 ヴォズネセンスキーはまた1月1日から13日に人々は古い友人を思い出すと書いた。これは実際にそうであった。1月1日は皆とても忙しく(本当に忙しい人がいるかどうかは別として)、13日にならないとゆっくりを友人にお祝いを伝えられないし、相手もゆっくりとそれに答える余裕があるからである。

 旧正月はどんな風に新年を祝ったのかに思いを馳せ、長く続いた祝日に完全に終止符を打つきっかけになる。旧正月を機に、人々はようやく仕事に復帰し、日常に戻ることができる。

 1月14日を過ぎると、ロシア人はクリスマスツリーを片付け、飾り付けや人形を箱にしまい、その箱を汚れた物置に戻す。この日は、新年の前日のようにご馳走をふるまったりはしないが、皆、グラス片手に、お祝いムードと古い年に最後の別れを告げるのである。乾杯!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる