ヤクーチヤの農家が牛のためのブラジャーを作った

 マイナス60℃のときも、家畜たちは(自発的に)草を食べるために外に出る。このカスタムメイドのアイテムは大事な部分が凍らないようにしてくれるものだ。

 世界で最も寒い場所のひとつであるヤクート・サハ共和国のオイミャコンは、このところマイナス45℃の日が続いている。地元の新聞シベリアン・タイムズ紙によれば、地元の牛飼いであるニコライ・アトラソフさんは、家畜のためにちょっと変わったものを作ることにしたという。  アトラソフさんは言う。「わたしは猟師で、わたしたち一家は牛を5頭飼っていますが、彼らは稼ぎ頭です」。「冬の間は小屋で過ごしていますが、毎日、マイナス60℃のときでも外に出ます」。

 そこで、牛たちが凍えないよう、アトラソフさんは、彼らのために古い羊毛や毛皮の帽子、コートなどを使って、暖かい「ブラジャー」を作った。3本のストラップで固定する。ブラジャーは乳房を暖かくし、乳が出なくなるのを防いでくれるのだと言う。

 オイミャコンでは、冬はマイナス60℃まで気温が下がる。これまでに記録された最低気温はマイナス67.6℃で、1933年に樹立された。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる