フィギュアの女王ザギトワ、“引退騒動”の真実を語るインタビュー番組、見逃した?

Kenjiro Matsuo/Global Look Press
 16日、テレビ朝日系「激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ 引退騒動の真実~」でアリーナ・ザギトワ選手がキャリアの中断と来シーズンの競技復帰について語った。

  番組でザギトワ選手がトップスターに輝いてからの心境と活動休止のきっかけについて判明した。「私は燃え尽きていたのです。五輪の後、私は全く休めず、すぐに次のシーズンが始まってしまいました」と五輪後の15歳で燃え尽き症候群について述べた

 エテリ・トゥトベリーゼコーチにスポーツからの引退について話すたびに引き止めた。やる気を出すために、ザギトワ選手は『試合に出場し、世界選手権では力を出し切る』という誓約書を書いた。それがモチベーションに変化したおかげで、平昌五輪で金メダルを獲得した。

 しかし、今シーズンの準備が始まると、競技がまだ嫌がるようになった結果、12月にイタリア・トリノで行われたグランプリファイナルで最下位になった。それは活動休止の選択に導いた。

 しかし、ザギトワ選手は既に競技のトレーニングを再開した。「…さらに新しいものを習得したいです。次のシーズンには、レベルアップして競技に戻りたいと思っています」と来季復帰を明らかにした。日本のファンに向け「次のシーズンは競技に出場し、自分の演技でみなさんを喜ばせたい」と語った。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる