シェレメーチエヴォ国際空港の新ターミナルが開業

Alexander Avylov/ Moscow Agency
 シェレメーチエヴォ国際空港のインスタグラム公式ページでターミナルCの開業が発表された。

 現在はターミナルの第一列(C1)のみが利用できる。建設費は320億ルーブル(573億円)、ターミナルの利用者は2千万人(空港の総合利用者数は8千万人)に昇る。

 ターミナルの面積は12万7千平方メートルであり、デザインのインスピレーションは構成主義、特にエル・リシツキー、アレクサンドル・ロドチェンコ、コンスタンチン・メルニコフの傑作になった。

 ターミナルの第二列(C2)が2026以降開業する予定である。同じ時期に1980年モスクワオリンピックのため建設されたターミナルF1が修繕される見通しである。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる