UFCのスター、ハビブ・ヌルマゴメドフ自身の名前でどのように大富豪になったか

ハビブ・ヌルマゴメドフ

ハビブ・ヌルマゴメドフ

Getty Images
 ハビブは、1分間の対戦で55万ドル以上を稼ぎだす。しかし、これが彼の収入の全てではないのだ。

 ハビブ・ヌルマゴメドフが最初にUFC(Ultimate Fighting Championship)のリングに上がったのは2012年のことだった。それから 7年が経過し、彼はショービジネスとスポーツ分野におけるロシアの最も裕福なスターとしてフォーブスに格付けされた。過去1年で、このファイターは1150万ドルを稼いでいるのだ。この記事では、いかにして彼が自身の人格と名声をお金に変えたのかを分析する。

 

UFCでの対戦

 UFCでの最初の戦いで、ダゲスタン出身の「ワシ」が16,000ドルを受け取った。総合格闘技の基準からすると、この額では対戦の準備にほとんどお金をかけることができない。キャリアの開始時には、このスターの稼いだ額のほとんどである1~1.5万ドルがトレーニングに使われ、これでも可能な限りの最小限の支出だった。 

 2014年4月の6回目の勝利により、ヌルマゴメドフは64,000ドルを獲得するようになり、その4年後、彼はUFC史上最高の大入りを記録した。コナー・マクレガーとの対戦とその勝利によって、彼は200万ドルを受け取り、放映権からの控除と合わせて、彼はチャンピオンとなったこの対戦で1000万ドル以上を稼いだ。

 彼のマネージャーのリズヴァン・マゴメドフによると、このファイターは、コナー戦よりもダスティン・ポワリエ戦で3.5倍の額を受け取った。現在、トレーニングの費用も増えている。「フライト、栄養管理、ホテル、食事、トレーナーで、約4万ドルだと思います」とヌルマゴメドフは語る。しかし、それでも、ハビブの稼ぎは対戦だけではないため、この額は大海の一滴に過ぎない。

 

Reebok、トヨタとの契約

 長年にわたり、ハビブはスポーツブランドのReebokと協力してきた。一連の重傷によって、2014年以降17ヵ月間対戦ができなかったときには、スポーツクラブ「イーグルス」との契約、総合格闘技のプロモーションが彼の唯一の生計手段だった。 2019年、このファイターはReebokとの契約をさらに3年間延長し、同じ年にトヨタと契約を結んだ。両方の取引の合計は明らかにされていない。

 

ロシアのエナジードリンク

 UFCには公式のエナジードリンク「モンスター」がある。フォーブスによると、このブランドはターゲットである若者のヒーローであるハビブとの契約を望んでいた。しかし、ダゲスタン出身のこのファイターはこれではなく別のエナジードリンク「ゴリラ」を好んだ。これはロシアではモスクワのビール醸造会社によって生産されている。 2018年、同社は100万ドル以上の3年契約を結び、2019年以降「ゴリラ」にはヌルマゴメドフ所属する団体の総合格闘技トーナメントを主催している。

 

ブラックキャラウェイと「シャリーア的」送金システム 

 ハビブは、旧CIS諸国の2つの企業の顔になった。この2つとは、カザフスタンのブラックキャラウェイシードオイル会社「アルハダヤ」と送金サービス会社サラムペイだ。

 最近、このファイターはInstagramを介して稼ぎ始めた。 2019年、彼のアカウントには40の広告投稿が表示されたが、その中にはブラッククミンも含まれていた。とある情報によると、ハビブのアカウントへの広告掲載の費用は30万ルーブル(4700ドル)以上だ。

 サラムペイの広告入りTシャツを着て、彼はテレビ局「ロシア-24」のインタビューに登場した。この送金システム会社のサイトには、このプロジェクトはハラール証明書があり、「シャリーア試験」に合格したと書かれている。

 

ハビブの本

 確かに、ハビブは全てのオファーを受け入れているわけではない。彼の「ブラックリスト」には、ブックメーカー、アルコール、タバコが含まれている。
「これらは交渉することなく拒否する」と彼は言う。最近、エクスモとアルピナという2つのロシアの出版社が現れた。 両社はハビブの自伝を出版するために、すべての権利と映画化の権利と引き換えにわずか15万ルーブル($ 2.347)と販売額の15%のロイヤリティを提供すると言ってきたのだ。そのため、ハビブと彼の共著者であるザウル・クルバノフは、この本を独力で出版することにした。総発行部数は60,000部だ。この本「ハビブ・タイム」は、2018年12月にロシア語で出版された。英語版とトルコ語版の出版準備中だ。

 

自身のビジネスとマスター・クラス 

 ヌルマゴメドフの他の収入リストには、父親がヘッドコーチとして働き、ハビブがCEOである前述のスポーツクラブ「イーグル」が含まれている。さらに、彼が共同設立者であるハビブ武道センターもそうだ。

 個人の起業家として、ハビブは自分の名前でいくつかの商標を所有している。それらの1つであるKHABIBGYMの下で、彼は洋服と靴の卸売に従事している。彼は故郷の村に敬意を表して会社を「シルディ」と名付けた。このファイターはまた、ロンドン、アブダビ、ドバイ、モスクワにホールを開設する予定だ。

 最後に、マスター・クラスと講演。例えば、2018年の「シネルギア」ビジネスフォーラムでの講演で、ハビブが6〜7万ドルを受け取ったと言われている。 15,000ルーブルの講演チケットの代金を支払った人々に対して、彼はビジネスで成功を収める方法について3つのヒントを与えた。「まずは全能者への信頼です。 2つ目は労働です。そして3番目は忍耐です。」

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる