アエロフロートが2020年に大阪―モスクワ便を再開

Getty Images
 2020年6月15日、大阪―モスクワ便が約20年ぶりに再開するとロシアの旅行関連サイトTravel.ruが報じた。

 同便は週4日、大阪の関西国際空港とモスクワのシェレメチェボ空港を結ぶ。モスクワ行きの所要時間は10時間15分、大阪行きは10時間5分だ。エアバスA330-200を使用予定。

 アエロフロート日本支社の発表によると、正確なフライトスケジュールと使用機種はまだ正式には決定されていない。

 現在アエロフロートのモスクワ便は東京の成田国際空港発シェレメチェボ空港着ボーイング777-330ERの一日1便のみ。大阪からモスクワへ向かう場合乗り継ぎが必要だった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる