赤の広場を襲った114台のクラシックカー(写真特集)

キリル・ズイコフ撮影/Moskva Agency
 ヴィンテージカーがモスクワを駆けるレースの前に観客を魅了した

 7月の最終日にモスクワでクラシックカーラリーが行われた。グム・モールと歴史自動車協会(ゴルキークラシックス)が主催したこのイベントには、100台以上のクラシックカーが集まり赤の広場を埋め尽くした。

 公開されたのはチャイカ、ヴォルガ、ポべーダ、ジル、ラーダ、モスクヴィッチ、ザポロージェッツなどのクラッシックカー。これらのほとんどは60年以上も前にモスクワを疾走していたクルマだ。

 それ以降、これらのクルマは捨て去られ、その後修復されたか、完ぺきな状態で大事に保管されていたかどちらかである。シャーシだけがオリジナルのままで後のパーツは新しいものを使って修復されたものもある。

 英国からは2台の1937年製オースチン 7がこのフェスティバルに持ち込まれた

 これらのクルマは長い間赤の広場でエンジンをふかしていただけではない。フェスティバルのクライマックスとなったのはモスクワの公道を堂々と駆け抜けるレースである。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる