陸上自衛隊中央音楽隊、国際軍楽祭「スパスカヤ塔」に初めて参加

Reuters
 日本の陸上自衛隊の音楽隊がロシアで開かれている軍楽フェスティバルに今年初めて参加する。上月豊久在ロシア日本大使が明らかにした。

 上月大使は、日本の自衛隊創設65周年を祝う式典で、「親愛なる皆さんに嬉しいお知らせがあります。今年の夏、陸上自衛隊の中央音楽隊が初めて、ロシアで開かれる国際軍楽祭「スパスカヤ塔」に参加します」と述べた

 今年の軍楽祭「スパスカヤ塔」は823日から91日にかけて、モスクワの赤の広場で開かれる。

 フェスティバルは毎年開催されているもので、この枠内では、赤の広場で世界最高の軍楽隊のコンサートや、各国から集まった劇団による芝居やレーザーショー、また航空技術を使ったインスタレーションなどが披露されている。今年で開催11年目を数えるこのフェスティバルには、世界54カ国の160以上の団体が参加しており、ロシアでも最大級の国際文化プロジェクトとなっているほか、世界で最も有名な軍楽祭のベスト3に入っている。

 なおこれまで日本からは民俗音楽グループがこのフェスティバルに参加し、異なる年に、「阿波踊り」、「竿灯祭り」、「さんさ踊り」などが披露されてきた。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる