メドべージェワ選手、日本で新エキシビションプログラムを披露

Naoki Nishimura撮影/Global Look Press

 ロシア・フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ選手が、日本で開かれたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」で新しいエキシビションのプログラムを披露した

 プログラムはスイスのステファン・ランビエル氏が振り付けたもので、音楽は日本人歌手のMay J.(メイ・ジェイ)さんの歌う「Faith」のライヴ版が使われている。ランビエル氏がロシア人選手のために振り付けを行うのはこれが初めてではなく、以前にはユリヤ・リプニツカヤ選手の最後のショートプログラムとなった「Les feuilles mortes」を振り付けている

 富山県で開かれたアイスショーは、メドべージェワ選手が日本で出演していたファンタジー・オン・アイスの最後のショーとなった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる