フィギュアスケート:日本女子代表チームのデザイナーがメドヴェージェワ選手の衣装をデザイン

Naoki Nishimura撮影/Global Look Press

 日本人フィギュアスケート選手の衣装デザインを手がける伊藤聡美さんがロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手の新フリープログラムのための衣装を作ることになった。メドベージェワ選手自身がインスタグラムのコメントで明らかにした

 メドヴェーベワ選手は「日本で衣装の打ち合わせをしています。彼女に依頼することはかなり前から決まっていました」と書いている。メドベージェワ選手は今季のフリープログラムでアメリカ映画「SAYURI」の音楽を使用することになっている。

 日本にヒントを得た衣装はメドベージェワ選手にとってこれが初めてではない。日本のアニメ、セーラームーンをイメージしたプログラムはもっとも記憶に残るナンバーの一つとなっている。                                     

 ちなみに最近、ロシア選手権で優勝したアンナ・シェルバコワ選手も、紺色の着物姿でフリー演技を行った。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる