制作費50ユーロのセーラームーンのトレイラー?!

「セーラームーン」のトレイラーのシーン。

「セーラームーン」のトレイラーのシーン。

Studio 188
 月野うさぎのツインテールも、「ゲーム・オヴ・スローンズ」のジョン・スノーの剣もバゲットで代用する。Studio188のそんなユーモアを数千人のフォロワーが「いいね!」している。

 もし「ゲーム・オヴ・スローンズ」の制作チームに予算がなく、ドラマ自体がロシアで撮影されたとしても、そのトレイラーはおそらく悪くないものになったに違いない。どんなものかをご覧いただこう。

 「アベンジャーズ」のトレイラーもほらこの通り、素晴らしいものに!

 これらのショートムーヴィーを制作しているのはたった6人のメンバーで構成されているStudio188。監督兼カメラマン1人と俳優5人である。撮影に使われている小道具はすべて自分たちで製作し、撮影はメンバーの自宅で行われている。

 「1本のムーヴィーを作るのにおよそ2日かけています。撮影の準備をし、小道具を作り、撮影に10時間から12時間、編集に12時間ほどかかります」と話すのはメンバーの一人、セルゲイ・ノソフさん。

 制作費は安く、平均でおよそ50ユーロ、もっとも高くかかったもので100ユーロだという。

 メンバーたちは最新作を扱うことが多いが、自分たちの青春時代、つまり1990年代に流行った映画のトレイラーも作っている。

 こちらは、ノスタルジックな雰囲気を醸し出す「セーラームーン」のトレイラー。

 「ニンジャ・タートルズ」のシュレッダーのコスプレもほらこんなに簡単に!

 こちらが制作費をかけずに作ったアニメの実写版。ちなみにロシアの子どもたちは皆このアニメが大好きだった。

 1990年代の有名な英雄や防衛者のコスプレで祖国防衛者の日を祝う動画。

 ターミネーター2。

 Studio188はただ自分たちが楽しむために動画を撮影するようになった。こちらはまったく予算をかけずに作った最初の動画、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のトレイラー。

 動画の撮影はメンバーたちにとっての趣味である。メンバーはそれぞれきちんとした職に就いている。セルゲイさん曰く、「2人は金融業界、1人はテレビ局のディレクター、3人はイベントやインターネットプロジェクトのシナリオライターです」。

 メンバーたちはインスタグラムのアカウントYouTubeのチャンネルを持っている。フォロワーの数、登録者の数はそれぞれ11,000人と7,000人でまだそれほど多くはないが、メンバーたちは自分たちの作品を急速に拡散するために特別なお金をかけたりはしていないのだそうだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる