インスタから日本に飛び込め

ムラド・オスマン撮影

ムラド・オスマン撮影

 画像共有サイト「インスタグラム」のアカウントfollowmetoのユーザーが、セーラームーンに扮したり、京都の竹林を散策したりしている画像を投稿した。

 

 ムラド・オスマンさんは、インスタグラムで460万人のフォロワーを抱える人気ユーザー。#followmetoのハッシュタグを使った画像シリーズで有名になった。妻のナタリアさんが、ムラドさんの手をひっぱりながら、世界の有名な名所旧跡に導く。

 

 

 シリーズは2011年、バルセロナの画像から始まった。以来、2人は多くの国を旅し、とうとう日本からも配信することとなった。

 

 

 

 セーラームーンの月野うさぎに扮したナタリアさんは、秋葉原を案内している。また、2人は浅草寺や、新宿のロボット・レストランにも行った。ムラドさんによれば、ナタリアさん自身がイメージを選んでおり、今回はセーラームーンの衣装以外にも、浴衣など、いくつかの着物を着ている。

 

 2人が強い印象を受けたのは、竹林と京都の伏見稲荷大社。

 

 

 日本に滞在中、日本の「ハリーポッター」ハルノさんや、人気モデルのローラさんと写真を撮ることもできた。ローラさんのお母さんは4分の1ロシア人。

 

 ムラドさんは1985年、ダゲスタンで生まれた。5歳の時に家族とモスクワに引っ越し、その後イギリスで学んだ。2人は2015年に結婚した。

 

 ムラドさんはさまざまな取材に応えており、旅と写真は趣味にすぎないと話している。主な活動の分野はプロデューシング。ムラドさんの会社はCMやビデオクリップを制作している。

もっと読む: