ポクロンスカヤが日本でアニメ出版へ:内容は「ロシアの春」について

phanc002/Wikipedia

 ロシア連邦下院議員で元クリミア共和国高等検察庁検事長、ナタリア・ポクロンスカヤが、日本風のアニメ入りの本を出版する意向を明らかにした。内容は、「ロシアの春」(2014年のウクライナ南東部における抗議行動)についてだという。

 「私と夫は、クリミアとセヴァストポリのロシア編入5周年に合わせて、本を書き終える計画。本には秘密の要素と仕掛けがある。多くの人がこの本で自分をいろんな角度から捉え直すことになると思う。でも私たちはすべてを正しく行っている」。ポクロンスカヤ議員はこう述べた

 ポクロンスカヤ議員によれば、この本はロシア、日本、中国、セルビアで出版されるとのこと。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる