アリーナ・ザギトワ選手、魔法少女の姿で「炎の体育会」に出演

アリーナ・ザギトワ。埼玉のジャパン・オープン、さいたまスーパーアリーナにて。

AFLO撮影/Global Look Press

 フィギュアスケート女子のオリンピックチャンピオンであるロシアのアリーナ・ザギトワ選手が日本のテレビ番組「炎の体育会」の撮影を行った。ロシアのメディアが伝えた

 ザギトワ選手は日本文化に関心があることで知られており、今回は「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどかの衣装で登場。番組は1020日にTBS系放映される

 106日、アリーナ・ザギトワ選手は、埼玉県で開催された地域対抗団体戦ジャパン・オープンのフリー演技で159.18世界最高得点を記録した。なお、それまでの世界最高得点は158.50で、これも9月末にドイツで開かれたプレシーズン大会で彼女自身が叩き出したものだった。ドイツ大会でのエキシビションでは、2018年にリリースされた映画「トゥームレイダーファースト・ミッション」のサウンドトラック「Survivor」の楽曲に乗せて、ララ・クロフトになりきり、大胆でダイナミックな演技を見せた。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる