子どものための忘れられないパーティーをどう準備するか

タイシヤ・ヴォロンツォワ撮影/Sputnik
 子どもたちがキャーキャー騒ぐのをストレスに感じる必要はない…

 お子さんの誕生日が近い? 子どもたちが絶対に忘れないような特別なイベントにしてあげたい? モスクワなら簡単。

1.パーティー会場の見つけ方

 ゲストをたくさん招待しようと思っているのなら、どこか屋外の場所を選ぶ方がいいかも。ゲームのためのスペースができるだけたくさんあるほうがいいから。モスクワには、いろいろな年齢層の子どもたちが何時間も楽しめる場所がたくさんある。そういう場所は、普通、大きなショッピングモールの中にあるものだ。たとえば、キッザニア(Kidzania、地下鉄CSKA駅)は子どもたちに、冒険の旅や、シェフから秘密諜報員まで、さまざまな職業にトライする機会を提供している。そしてもちろん、子どもたちには、おいしいランチと巨大なケーキがふるまわれる。子どもたちが楽しい時間を過ごしているあいだ、親たちはショッピングモールかキッザニア・レストランで過ごすことができる。このイベントの価格は1万ルーブル(150ドル)から。10日前まで予約可能。キッザニアのパーティー担当者は、英語、イタリア語、スペイン語はじめいろいろな言語ができるので、ロシア語を知らない子どもたち向けのパーティーも定期的に開催している。 

 キッドブルグ(Kidburg、地下鉄アフトザヴォツカヤ駅とルビャンカ駅)でも同様のプログラムが待っている。ここでは、スタッフと20以上もあるテーマ別のプログラム(「ファラオの謎」「バック・トゥー・ザ・フューチャー」など)が子どもたちを楽しませてくれる。1時間半のパーティーの価格は、1万4千ルーブル(215ドル)から。

 マステルスラヴリ子どもセンター(Materslavl )は、モスクワ・シティ近くにある(地下鉄ヴイスタヴォチナヤ駅)。子どもたちはここで、いろいろな職業にトライしたり、ここでの専用のお金(実際のエンターテイメントに使える)を稼いだりできる。このプログラムの価格は5千ルーブル(80ドル)から。

 ここでの休日を計画している親御さんたちには、平日か、あるいは比較的混んでいない休日の午前中にすることをお勧めする。

2.ホームパーティ

 皆さんのアパートやダーチャ(別荘)は、いつだって小さなパーティーにはおあつらえ向きだ。モスクワでは、ゲストは事前に、少なくともイベントの二週間前には招待しておくほうがいい。豪華な料理の代わりに、ミニ・ハンバーガーやミニ・ピザ、スティックパン、スライスしたニンジンやリンゴといった、手で食べられる軽食をいろいろ用意するといい。それから、パーティーの最後にあげる小さなお土産(お菓子やおもちゃ)のご用意もお忘れなく。遊びは、宝探しとか、そのほか活動的なゲームが子どもたちは好きだ。でも、覚えておこう。彼らは20分以上集中するのは難しいので(年齢による)、食べ物を片づけたりして忙しいあいだは、ピエロかエンターテイナーを呼ぶといいかもしれない。

3.モスクワでの子どものエンターテイナーの見つけ方

 美しい飾りつけやエキゾチックなデザートを用意したとしても、何かしらパーティー用のプログラムがなければ、子どもたちは隅っ こに座りこんでスマートフォンにかじりついているということになる危険がある。でも、経験豊富なエンターテイナーなら、パーティーを本当に活気づけることができる。どこを見つければいい? いちばんいいのは、他の親やイベント代理店、あるいはプロのSNSにある連絡先に問い合わせることだ。子どもを10人以上招待するのなら、どんなエンターテイナーも助手が必要になることは心に留めておこう。モスクワでの彼らの仕事は1時間あたり約4千ルーブル(60ドル)だ。

4.パーティーをアウトソーシングする価値はあるか?

 モスクワには、子ども用のパーティーを運営するイベント代理店がたくさんある(これらの企業をチェックしてみよう: Mini-ClubVesnushka, Kid-Prazdnik)。もし大がかりなパーティーを計画しているのなら、これらのサービスの価格はおそらく自分で準備するよりも安上がりになるだろう。まず第一に、彼らは多くの会場と契約を結んでいるため、場所のレンタル料が安くなる。第二に、彼らは飾り物を卸売価格で購入している(例えば、風船や花輪など)。第3に、実績を積んで作り上げたパーティ用のシナリオを持っている(そこから合うものを選んでくれるか、あるいは、特別に新しいものを考え出してくれる)。そしてもちろん、彼らは子どもたちを確実に楽しませることのできるプロのエンターテイナー集団を呼んでくれる。価格は1万ルーブル(150ドル)から。イベント代理店「ミニクラブ」によると、彼らのところでは、少なくとも月に1度は英語での子ども向けパーティーを開催しているそうだ。この代理店には英語を話せるスタッフもいて、一人あたり1時間4千ルーブル(60ドル)だそうだ。

 ロシアの親たちが子どもにいくら使ってるかご存じですか?

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる