平昌五輪フィギュア女子の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手、日本のスマートフォン用ゲームのコマーシャルに初出演

youtube.com

 コマーシャルでザギトワ選手はゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のヒロインの1人で、痛みと苦しみを経て魔法使いに変身する少女を演じている。

 ザギトワ選手は、「わたしも魔法少女のように自分の時間のほとんどの間、トレーニングをしたり、試合に参加したりしている。その中で困難に直面し、落ち込むこともある。でもわたしはどんな状況からも抜け出す方法を知っている。コマーシャルからそんなことを感じてもらえれば。

 わたしにとって、撮影は非日常。初めての試みだったけど、とても面白かった。わたしにぴったりな素晴らしい衣装を考案してくれた日本のデザイナーの方々に感謝したい」と述べた。

 16歳のザギトワ選手がコマーシャルに出演するのはこれが初めてではない。今春、ズベルバンクは、YouTubeのサイトで、ザギトワ選手を起用した「本物の記録保持者はひとり」というタイトルの動画を公開した。

 「記録的な」低金利融資のコマーシャルで、ザギトワ選手はこの中で世界でも数少ない選手にしかできない技を披露している。コマーシャルの最後に有名な俳優でブロガーのエヴゲーニー・クーリックが氷上に現れ、同じジャンプを試みるが、うまくいかない。そして最後は「ほかの人がどんなに努力しようと、本物の記録保持者はたった一人である」というセリフで締めくくられる。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる