オリンピック金メダリストのアリーナ・ザギトワ「秋田犬が飼いたい」

アリーナ・ザギトワ

アリーナ・ザギトワ

AFP
 平昌冬季五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手は秋田犬が飼いたいと話した。

 ロシア・フィギュアスケート連盟のサイトによれば、ザギトワ選手は次のように語っている。「オリンピック前に日本で合宿があったのですが、そのとき読んだ雑誌に秋田犬の写真が載っていたんです。秋田犬は有名な映画「ハチ公物語」に登場した犬です。わたしはその秋田犬がたちまち気に入り、あんな誠実な友人が欲しいと思ったんです」。

 またザギトワ選手は「母に秋田犬が飼いたいと言ったら、もしオリンピックでいい成績が出せたら考えましょうと言ってくれました」と打ち明け、「父とどういう結論を出すのかは分かりませんが」と付け加えた。ザギトワ選手はもともと動物が好きで、モスクワでは猫と2匹のチンチラを飼っているとのこと。

 ザギトワ選手が秋田犬を飼いたいと語ったことを受けて、秋田県と大館市は、大館市の観光キャラクター「はちくん」が描かれた関連グッズの贈呈を決め、2月28日、ロシアフィギュアスケート連盟宛てにバッジやぬいぐるみ、クリアファイルなど秋田犬のイラストが描かれたプレゼントを発送した。秋田経済新聞が伝えた

 また秋田犬保存会(大館市)はザギトワ選手からの要望があれば、仔犬を贈呈する意向を示した。

 なお、2012年に秋田県の佐竹敬久知事は、東日本大震災の際のロシアの被災地支援に対する東北地方からのお礼として、ウラジーミル・プーチン大統領に「ゆめ」という名前の秋田犬を贈っている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる