ロシア2077 ―パラレルリアリティから見た国の未来(写真特集)

 これらの未来的イメージはゲームソフト「サイバーパンク2077」にインスパイアされたものだが、そのコンテンツとは関係ない。

 

 ロシア2077の作者であるエヴゲニー・ズブコフは現代のテクノロジーと、ありふれた景色やロシアの地方都市の日常とが平行するパラレルリアリティへの入り口としてのイメージを描く。

 同シリーズはズプコフが共同で製作したMXDプロジェクトの一部を成すもの。そのモットーは「ポップカルチャーを含む現代のシュールレアリスム。しかしそれに限定されない。我々は宇宙に何かを植えつけたりすることなく、イメージを操作し、典型的な風景をパラレルリアリティに変える」。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる