ロシアのサポーターがアイスランド民謡を歌って、W杯に来てくれた人たちに感謝

Andy Pluzhnik撮影

 ロシアのサポーターがビデオを作って、今日まで本当に想い出に残るW杯にしてくれた選手たち、応援に来てくれたサポーターたちに感謝の意を表した。

 「このビデオですべてのチーム関係者、サポーターが見せてくれた情熱、雰囲気、真剣さそして全員が歴史の一部になれたことに対して、ありがとうと言いたかった」と制作者は言う。

 このクリップでは、ロシアのグループがドラムを叩きながらアイスランド民謡「吹き出す砂原で(Á Sprengisandi)」を歌いながら、アイスランドの伝統的な"フー!"の掛け声やおきまりの"ロ!シ!ア!"の掛け声も入っている。最後にはこのW杯に参加した全ての国へ感謝している。

 この歌が選ばれたのは、アイスランドのサポーターがロシアの有名な「カリンカ」を歌ったビデオを作って、W杯が始まる前から開催国であるロシアに感謝の意を表明していたからである。

 このビデオに参加したロシアの歌手たちは、他の国にもこのような即興的な音楽を作ってみないかとけしかけている。「次は誰?」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる