福島県の中学生がサッカーW杯観戦のためロシアに到着

Getty Images

 2011年に東日本大震災で被災した福島県相馬市の中学生らがサッカーワールドカップ(W杯)を観戦するためロシアに到着した。ロシアのスポーツ紙「ソヴェツキー・スポルト」が伝えた。

 中学生らはサランスクで19日に行われる日本代表の初戦、対コロンビア戦を観戦する。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる