アエロフロート、乗客の不満に対応し、機内持込手荷物のサイズ制限を緩和

ナタリア・セリヴェルストワ/Sputnik
 乗客らは手荷物を機内に持ち込む際に地上職員に止められることに憤慨していた。

 ロシア最大の航空会社は、機内に持ち込み可能な手荷物のサイズを変更した。新たな規定では、長さ55センチ、幅40センチ、高さ25センチ以内の荷物、鞄、スーツケースを持ち込むことができるようになった。これまでは高さの制限が20センチとなっていた。

 これより前の2月15日、アエロフロートは、機内持込手荷物の規定の厳格化を発表し、乗客はこの決定に不満を表していた。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: