2018年FIFAワールドカップでどんなグッズを買って帰るべきか

アルチョム・ゲオダキャン/TASS
 サッカーの祭典の開幕が待ちきれないファンは、モスクワに今週オープンした最初のグッズショップに行くことができる。

 もう待つ必要なし。サッカーファンはもうロシアの首都でワールドカップのグッズを買うことができる。

 ロシアに続々とオープン予定の公式FIFAショップの第一号店が12月12日(火)に営業を開始した。

 この店はルビャンカ広場の子供用品店"ジェーツキー・ミール"の一階にあり、店の面積は50平方メートルである。

 ここではFIFA関連のあらゆるグッズが見つかる。公式ボールのTelstar 18やTシャツ、ワールドカップ公式マスコットの狼のザビヴァカのおもちゃ、文房具などなど。値段について言えば、例えばおもちゃなら1000ルーブル(約1920円)から買える。 

 第二号店はサンクトペテルブルグにオープン予定。「モスクワとサンクトペテルブルグ以外にも、試合の開催される11都市全てに、3〜5店舗ずつオープンさせていきます。」ブランドマネジメント・FIFAライセンス部のアナ・ブリト部長はRBC Dailyにこう話した。

 ショッピングモールの小さなショップとは別に、FIFAは2つの大きな店舗(面積1000平方メートル以上)を、大会の始まる1ヶ月前に当たる5月に開店させる予定だ。

 もちろん、それぞれのスタジアムで直接グッズを購入することも可能。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる