ロシア人が結婚する理由

モスクワ通信
 ロシアで人々が結婚する理由を5つにまとめた。一部の理由は、欧米諸国とは異なった保守的なものだ。

 ロシア人の結婚に対する考え方はかなり保守的である。結婚そのものよりも、結婚する時期を気にする人が多い。これは長年の伝統と習慣によるもの。

 近年、状況は変わってきている。15年前と比較して、結婚よりも事実婚を選ぶカップルが増えている。また、結婚年齢もあがっている。パートナーの片方が18歳以下の結婚は、2002年に2万9111件あったが、2016年には7530件に減少している。逆に、パートナーの片方が25~34歳の結婚は、2002年に64万2424件あったが、2016年には95万4170件に増えた。

 だが、ロシア社会の保守層からのプレッシャーがあるのは明らか。愛以外で、何を理由に結婚するのだろうか。

 

1. 結婚しなければいけないから

モスクワの花嫁パレード=

 これが最も一般的な理由である。若い女性は友だちや親戚に、「まだ結婚してないの?」、結婚すれば「子どもはまだ?」などと聞かれる。

ソフィアさん(22)、既婚者

 「(ロシア)社会では、『もう一緒に暮らして長いの?結婚すべき。もう結婚したの?ならなんで子どもいないの?結婚して1ヶ月になるのに!子ども産まないと』といった質問で常にプレッシャーをかけられる。無神経で困る」

アンナさん(24)、未婚者

 「事実婚が3年半目。相手にはプロポーズされたけど、仕事が忙しくて結婚式を計画する暇がない。『いつ?なぜ?』といった質問にはうんざり。身分証明書の既婚のスタンプがないと、関係がすぐに終わると思っているみたい」

 

2. 結婚していないと子どもをつくれないから

 結婚して子どもを持つべき、という世間の保守的なプレッシャーから、結婚してしまう。婚外子は扶養の権利などを得ることができないと、考えられている。

 これは正しくない。ロシア法では、婚外子も他の子どもと同じ権利を得ることができる(父親登録、扶養など)。法律上の結婚では、これらの手続きが簡単になるだけだ。それでも、ロシアでは多くの人が、妊娠したら即結婚と考える。

スヴェトラーナ・ミハイロワさん(「メール・ル」のフォーラムより)

 「世間の言うことなんて気にするべきじゃない。私の友だちは事実婚で子どもが2人いる(上の子はもう10歳)。公式には既婚でなくても幸せに暮らしている」

 3. 信仰や保守的な考えがあるから

ロシアの伝統的な結婚式=

 ロシアには保守的な親がいる。結婚してから一緒に暮らすべきなど言う。子どもの将来や信仰を理由に、これを正当化する。

 エヴゲニア・ワガノワさん(「トーキーランド」のフォーラムより)

 「彼氏と一緒に暮らそうと考えているけど、それが恥だという考えを母や祖母がすり込んでくる。きちんとした女性は、結婚前は実家で暮らす、という考え」

 時に、自分の判断で、結婚前に同棲しないことを決める人もいる。それはカップルの信仰心にもとづくことが多い。

ダリアさん(23)、既婚者

 「私はこの点でとても保守的。結婚する前に一緒に暮らしてセックスするなんて、受け入れられない。私たちはそんなことしようとも考えなかった。法的な結婚は理にかなっている。私は自分の相手を選んで、彼は私を選んだ。一緒に家庭をつくって、ずっと一緒にやっていくと決めた。夫は私の考え方を尊重してくれている」

 4. 便宜上 

 1世紀前とは異なり、親や世間から政略結婚を強いられることはない。現代の打算的な結婚とは、カップルの双方の合意によるものである。

ルンチク(「ウーマン・ル」のフォーラムより)

 「今年結婚する。彼は28歳で、アメリカに暮らし、働いている。私は彼と職場で出会った。ビザを延長するには(アメリカに残るには)妻が必要。私もアメリカに行きたいけど、今の仕事じゃそれは絶対に無理」

エカテリーナさん(55)、既婚者

 「結婚して30年。家庭の幸福なんて幻想を抱いてなかったから、冷静な考えで結婚した。夫は浮気することもあるけど、愛がないから傷つくこともない。この方が簡単。誰もが裏切る可能性がある。相手を強く愛していたら、それに耐えるのは難しい。少なくとも今は、幸福な家族を簡単に演じられる」

 

5. 愛の証明だから 

 これはロシアで最も一般的な理由の一つ。彼に本当に愛されているなら、結婚してくれる。彼は事実婚など望まない。これがロシアの男女の多くの考え方である。

マリアさん(23)、既婚者

 「なぜ結婚するかって?何よりも、言っていることに対する責任を追う決意を自分自身と相手に示すため」

 結婚の特権には、配偶者の正式な地位もある。たとえば、ロシアでは、両親と配偶者だけが病院の治療室に入ることができる(集中治療を受ける場合)。他にも相続で一定の特権を得ることができる。ロシアの国籍を取得したい場合は、法的に結婚すれば働くことも可能になる。

 とは言いながらも、愛は結婚の最も強い理由である。それを変える必要はない。

もっと読む:

ロシアで結婚式に呼ばれたら>>

ロシアのちょっと変わった結婚式場>>