ロシアのちょっと変わった結婚式場

レフ・フェドセエフ/タス通信
 氷、大鍋、トナカイのテントなどは、新郎新婦の思い出になるホットな婚姻の場だ。

 ロシアの典型的な結婚式では、新婦がボリュームのある白いドレスを、新郎がタキシードなどの衣装を着て、新郎新婦が空に放つハトが数羽いて、「ケンカのない結婚式なんて結婚式じゃない」などと冗談を言う酔っ払いの親戚がいる。また、祝いの車列をつくって街中を走り、地元の名所・旧跡を背景に写真をとる。だが、若者は常識を打ち破るのも好き。一生の思い出になるような結婚式にするため、結婚式や写真撮影の場所に変わった場所を選ぶ人も増えている。たとえば、どんな場所が選ばれているのだろうか。

 

1.     カザン市の巨大なカザン

マクス・アヴデエフ撮影マクス・アヴデエフ撮影

 タタールスタン共和国の行政中心地はカザン市。また、「カザン」という言葉があり、テュルク語で大鍋を意味する。一説によると、市の名称は、ロシアで有名なこの大鍋からきているという。カザン市の婚姻登録を行う機関である身分事項登録(ZAGS)課は、大鍋と炎の形をした30メートルの巨大な建物で、1日100組ほどがここで婚姻手続きをしている。4階建てで、それぞれの階には独自のオーナメントがある。建物の上の部分は展望台になっていて、街を一望できる。

 

2.     サンクトペテルブルク市の第1婚礼宮殿

写真提供:サンクトペテルブルク市の第1婚礼宮殿写真提供:サンクトペテルブルク市の第1婚礼宮殿

 第1婚礼宮殿は、ソ連時代に登場した国内初の婚礼宮殿すなわちZAGS。19世紀の宮殿(旧フォン・デヴィス邸)である。ちなみに帝政ロシア時代、婚姻登録は教会などで行われていた。第1婚礼宮殿ができて、婚姻登録式の伝統が登場したのである。今日、これは国内で最も有名かつ豪華なZAGSの一つになっている。ぜいたくな大理石の階段は、結婚式の写真撮影でとても人気の高い場所である。ここでの結婚は、6ヶ月待ちになることもある。ここはサンクトペテルブルクの住民だけでなく、別の街の住民や外国人にも人気がある。ロシアの多くの有名人の結婚式が、ここで行われた。

 

3.     モスクワ市のツァリツィノ宮殿

写真提供:博物館・自然公園ツァリツィノ写真提供:博物館・自然公園ツァリツィノ

 モスクワ市南行政区ツァリツィノ地区のZAGSは、公式な出張婚姻登録式を行う数少ない機関。地区内にある博物館・自然公園ツァリツィノで、エカテリーナ2世時代のスタイルで式を行う。式場となるのは大宮殿の水色の客間。18世紀の衣装を着たオーケストラがクラシック音楽を奏で、式部官が出迎え、宮殿の婦人が付き添う。

 

4.     ムルマンスク州の氷の宮殿

レフ・フェドセエフ/タス通信レフ・フェドセエフ/タス通信

 ロシア北西部ムルマンスク州キーロフスク市では毎年2月、氷と雪でつくられた婚礼宮殿がオープンする。身分事項登簿、シャンペン用の透かし細工のグラスも、氷でできている。ただし、婚姻証明書は紙の本物である。

 

5.     ヨシカル・オラ市のゴシック宮殿

Legion MediaLegion Media

 マリ・エル共和国の行政中心地ヨシカル・オラ市は、オランダのアムステルダムやドイツのハンブルグと比較される。数年前、ゴシック様式の婚礼宮殿が河岸に建設された。新郎新婦が建物の一方から入り、川に面する他方の側に出るのが決まり。建物を出ると、川には家庭の舟のシンボルとしてシャトルが待機している。

 

6.     ヤマル半島のチュム

ラミル・シトディコフ/ロシア通信ラミル・シトディコフ/ロシア通信

 北部ヤマル半島では、北方先住民エヴェンキ人の伝統的な住居であるトナカイの皮製のテント「チュム」で行われる、民族様式の結婚式に人気がある。このトレンドはヨーロッパまで到達し、チュムで式をあげるイギリスの新郎新婦が増えている。

 

7.     サンクトペテルブルク市のミトン博物館

写真提供:ミトン博物館写真提供:ミトン博物館

 サンクトペテルブルクのミトン博物館では毎日、”温かい”婚姻登録式が行われている。希望者なら誰でも受け入れてもらえる。新郎新婦は、特別なミトンを着用して手をつなぎ、誓いの言葉を述べ、「温かい気持ち登録証明書」を記念に受け取る。

もっと読む:ロシアで結婚式に呼ばれたら>>