ソ連の写真家が見た解放後のベオグラード

Yevgeny Khaldei/MAMM/MDF
 1944年10月20日、ソ連軍はチトー率いるユーゴスラビアのパルチザンとブルガリア人民軍の力を借りて一連の速攻を仕掛け、ユーゴスラビアからナチスを一掃した。解放後の街でソ連の写真家らが見た光景とは。

 

ベオグラード市街戦
市内に入るチトー軍
ソビエト空軍司令官ウラジーミル・スジェーツ
ベオグラード市民に敬礼するドミトリー・クダショフ大尉
ベオグラード近郊に放棄されたナチスの金物
待ち伏せするパルチザン
市内に入る軍を見守るチトー
市街地の戦車
ユーゴスラビアのパルチザン
ベオグラードに戻る市民
ソビエト軍兵士の共同墓地に敬意を払う人々
国民議会議事堂を空襲から守るソビエト軍の砲兵ら
現地住民と話すソビエト軍将校
ベオグラードのソビエト軍騎兵
ナチスからの解放を祝うソ連人とユーゴスラビア人

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる