2001年のロシア(写真特集)

AFP
 ソ連邦崩壊後、新生ロシアは「激動の」1990年代を生き抜き、ウラジーミル・プーチン新大統領に導かれていた。21世紀初頭のロシアの街の景色や人々がどのようなものだったのか振り返ってみよう。

ボリス・エリツィン元大統領と握手を交わすウラジーミル・プーチン大統領
バス停の人々
ヤロスラヴリ州の修道院の聖職者
夕暮れどきのモスクワ
綱引き大会
休暇を過ごすウラジーミル・プーチン大統領
モスクワ川とクレムリンの眺望
サンクトペテルブルクの白夜
モスクワで開催された国際マラソン大会
モスクワ、ムゼオン公園の「記念碑の墓場」
ソ連時代に解体されたが、ソ連崩壊後に再建されたモスクワの救世主ハリストス大聖堂
サンクトペテルブルク近郊のペテルゴフの噴水
ホームレスの二人
1941年の伝説のパレードを記念した第二次世界大戦の退役軍人による行進
青年フェスティヴァルのスケートボーダー
シベリアの新年の祝日にて、トロイカに乗って現れるロシア版サンタクロースのジェド・マロース(酷寒じいさん)
モスクワで開かれたラップ音楽フェスティヴァル
警官とサンクトペテルブルク市民
建材市場
児童公園
氷の彫刻フェスティヴァル

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる