ロシアで見つかった最大の宝物とは?

 貴族のナリシュキン家が所有していた銀の膨大なコレクションが初めて公開された。

 革命後、必要なものだけを持って、多くの貴族が海外に亡命した。その多くは様々な方法で一族の宝を持ち出すことができたが、一部は不運だった。最も裕福な貴族家系だったナリシュキン家も運はなかった。ロシアとフランスの最高のマイスターによって作られた貴金属製の最も高級な茶器やカトラリーがロシアに残された。

 2012年、サンクトペテルブルクにあるナリシュキンの邸宅の修復中に、作業員が一家の宝物が隠された秘密の部屋を発見した。その宝は、現代のロシアで最大のコレクションであることが判明した。サモワール、ソテー用の鍋、調味料入れ、フォーク、スプーン、コンビネーションプレート、台など、貴金属で作られた宝飾品は全部で2000点以上に及ぶ。

 それぞれの品は注意深く包装されており、その中にセルゲイ・ソモフによって書かれた文書があることもわかった。彼は、大邸宅の最後の所有者の娘の夫であり、おそらく、宝物を隠すことに加わったが、後に相続人を残さずに移住して亡くなったため、誰も宝物のことを長い間知らなかった。

 数年の研究の後、専門家はツァールスコエセロー博物館にこれら貴重品を寄付し、現在ではナリシュキンの宝物コレクションから約700のアイテムが最初に一般公開されている。

 ツァールスコエセロー博物館保護区のエカテリーナ宮殿で、2020年3月24日までジュエリーを見ることができる。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる