なぜソビエト市民は警察に憧れたか

Archive photo
 ソビエト国家が警察に与えた課題は犯罪撲滅だけではなかった。警察は、子供のしつけから共産党イデオロギーに関する疑問まで、さまざまな分野で人々を教え諭す賢明な指導者でなければならなかった。

 1. 「非行と戦え! 民警職員よ、社会秩序を乱すあらゆる行為を強力に予防せよ! 野放しにすれば不良やその他の違反者を勢いづけてしまうことを忘れるな。」

2. 「道路交通規則を守ろう!」

3. 「優等生は、勤務・作戦任務の解決における上官の支えだ」

4. 「ソビエト民警に栄光あれ!」

5. 「民警の力は、人々とのつながりにある!」

6. 「アルコール依存を永久に絶とう!」

7. 「社会主義の公共財産を脅かす者は、国民の敵である――ソ連憲法第131条 民警職員よ! 国民の財産を注意深く見守れ! それが貴君の神聖な義務だ!」

8. 「国民に奉仕する!」

9. 「民警職員よ! 貴君に一瞬たりとも気を緩める権利はない! 警戒せよ!」

10. 「常時警戒に当たれ!」

11. 「地区監査官よ! 職務中は常に社会の助けを頼りとせよ!」

12. 「民警は人々のしもべ」

13. 「祖国への忠実な奉仕には、当然の褒賞!」

14. 「刑事部は、犯罪撲滅の最前線」

15. 「育み、教え、確信させることが貴君の課題であり使命である。貴君は日々しっかりと警察知識を高めねばならない。」

16. 「我々は人々に全人生を捧げる。法の番をし、秩序の番をしながら」

17. 「あなたの子供じゃないでしょうな?」

18. 「誠実に革命法秩序の番をする――F・ジェルジンスキー」

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる