ソ連のポスターに見るスポーツ

全ロシア体育祭、1927年。//ソ連時代、運動は必要不可欠な生活の一部として推奨されていた。

全ロシア体育祭、1927年。//ソ連時代、運動は必要不可欠な生活の一部として推奨されていた。

V. Pshenichnikov
ソ連時代、運動は必要不可欠な生活の一部として推奨されていた。
スパルタキアード、1928年8月、モスクワ。 //GTO(「ソビエト連邦のために労働と国防に備える」の略)は1931年3月11日に導入された全ソ連の体育プログラムである。
働き、建設し、文句を言わない。新しい社会はこのようなものである。選手でなくても、体育は必要だ。 1933年//年齢に関わらず、全ソ連の人々が参加するプログラムだった。
全ソ連学生スパルタキアード、1935年7月18〜24日。 //GTOのバッジを得るには24の試験を受けなければならず、そのうち19には一定の基準が設けられ、合格するのは安易ではなかった。
ソ連の選手達は国の誇りである。ソ連のために労働し、祖国を守る事の出来る健康で元気な世代へ!1935年//試験には二つの結果があった。「合格」と「不合格」である。
全ての世界記録は我々のものであるべきだ。第二回全ソ連労働組合スパルタキアード 、1935年//GTOは人々に、スポーツに関わる様々な機会を与え、各種の試験を設けた。
若者をスタジアムへ!1947年//1976年までの間、2200万人にGTOのバッジが与えられ、1986年には3390万人が 試験に合格した。
女子スケート世界大会。モスクワ、ディナモ・スタジアム、1950年2月11〜12日 //1939年の緊迫した世界状況により、赤軍に入る若者を準備するために、GTOの試験が始まった。これは、やがて起こる世界大戦への準備の一環だった。
この世で最も立派な服は、日焼けした筋肉ときれいな肌である。ウラジーミル・マヤコフスキー、1955年//「匍匐前進」、「早足行進」、「手榴弾投げ」、「ロープ登り」、「ポール登り」、「木登り」、「薬莢箱運び」や様々な格闘技がプログラムに組み込まれた。
選手達よ!更なる活躍へ!1955年//1991年のソ連崩壊後、GTOプログラムは旧ソ連諸国のほとんどの国で廃止された。 ロシアでも10年程廃止されていたが、2003年より徐々に再開し始めた。
力と技能の試練だ!1955年//2014年3月24日、現代のロシア連邦でGTOを復活させる法令が発布された。
労働と防衛に備えよ!1934年//国民は、健康な生活に関する格言を教え込まれていた。