米国がソ連を爆撃したのはいつか

Getty Images, Russia Beyond
 1950年10月8日、第三次世界大戦の発端となりかねない事件が発生した。米国空軍がロシア極東にあるソビエト空軍基地を爆撃したのだ。

 1950年10月8日、暖かったこの日、ソ連極東のスハヤ・レチカ空軍基地では特に異常事態は確認されていなかった。朝鮮戦争の凄まじい戦闘が数百キロメートル南で繰り広げられていたが、ここでは戦争の気配は感じられなかった。

 米国と同様、ソ連も朝鮮戦争に関与していたが、ソ連は北朝鮮に武器を供与し、軍事顧問を派遣するにとどめていた。朝鮮半島上空でのソ連のMiG-15戦闘機と米国のF-86戦闘機の戦闘はまだ始まっていなかった。

 スハヤ・レチカに駐屯していた第821戦闘機航空連隊の兵士らは何も心配する必要がないかに思われた。だがそれは違った。戦争はまさに青天の霹靂のごとくやって来た。

 ソ連領空を100キロメートル以上侵犯した2機の米軍機(ロッキードP-80戦闘機「シューティングスター」)がスハヤ・レチカ上空に現れ、基地に攻撃を仕掛けてきたのだ。

ロッキードP-80戦闘機「シューティングスター」

 この攻撃で、ソ連軍の戦闘機6機が損壊し、うち一機は全焼した。幸い負傷者はいなかった。

 皮肉なことに、米国空軍が攻撃したのは、第二次世界大戦中に武器貸与法の一環でソ連に貸し出されていた米国のベルP-63戦闘機「キングコブラ」だった。

 ソ連戦闘機航空連隊は完全に不意を突かれ、一切反撃できなかった。戦闘機には燃料がなく、またたとえ準備できていたとしても、ピストンエンジンのキングコブラがジェット戦闘機のシューティングスターを追撃できる見込みはほとんどなかった。

 ともあれ一般警報は作動し、攻撃の情報が直ちにモスクワの指導部に伝わった。

ソビエトの反応

 ソビエト指導部は困惑し、これが米軍パイロットの判断ミスなのか、あるいは第三次世界大戦の勃発なのかを見極めることができなかった。

 ソ連空軍の警戒態勢は最高レベルとなった。間もなく最新のMiG-15ジェット戦闘機が極東に再配備され、朝鮮半島での戦闘に派遣されるようになった。

ソ連のMiG-15戦闘機

 第821戦闘機航空連隊のパイロット、ニコライ・ザベリンはこう回想する。「攻撃を受けた後、連隊は戦闘態勢に入った。これは第二次世界大戦後初めてのことだった。一日中戦闘機の中かそばにいた。戦争が近づいているという感覚があった……。」

 事件の翌日、ソ連は米国による空軍基地攻撃に対する不服を国連に申し立てた。

米国の誤り

 実は、米国空軍はソビエト領を攻撃する予定でなかった。彼らの真の攻撃目標は、清津(チョンジン)近郊にある北朝鮮の空軍基地だった。

 2機の戦闘機は、ナビゲーションのミスで方向を見誤り、ソビエト領空に入ってしまったのである。彼らは未確認の空軍基地を発見し、これを攻撃目標と誤認した。地上の戦闘機には大きな赤い星のマークが付いていたが、米軍パイロットはこれを北朝鮮空軍の国籍マークと信じ込み、攻撃を思いとどまらなかった。

 最初の疑念のきっかけは、敵の戦闘機が炎上しなかったことだ。これはつまり戦闘機に燃料がなかったということであり、戦闘準備ができていなかったことを意味した。北朝鮮の空軍基地ならば、戦闘機に燃料が補給されていないということはあり得なかった。

 帰還するさい、米軍パイロットらはそこにあるはずのない島を見つけた。パイロットの一人、アルトン・クアンベクは、「ロシアとのちょっとした戦争」という題でワシントンポスト紙に寄稿した記事で回想している。「ああ、と私は思った。清津の近くに島はないのだ。」

スハヤ・レチカ

 帰還後にデータを分析して、疑念は確証に変わった。米軍機はソビエトの空軍基地を攻撃したのだ。

 パイロットの司令官、アール・E・パートリジ少将は、2人のパイロットに言った。「諸君は、この件で殊勲十字章を授かるか、軍事裁判を受けることになるだろう。」

米国の釈明

 10月20日、ハリー・トルーマン米大統領は国連での発言で責任を認め、ソ連領に対する攻撃はパイロットらの「ナビゲーションの誤りと不正確な計測の結果起きた」と述べた。

 2人のパイロット――アルトン・クアンベクとアレン・ディーフェンドルフ――は軍事裁判を受けたが、軽い処分で済んだ。彼らはそれぞれ日本とフィリピンの米軍基地に配置換えとなった。

 ソビエト側は釈明を受け入れたが、完全に信じたわけではなく、攻撃を挑発と見なした。

ハリー・トルーマン米大統領

 「米軍パイロットは自分たちがどこを飛行しているのか完全に知っていた。北朝鮮との国境から100キロメートルも離れたところを飛行していたのだ。彼らはこのことをよく理解していた。未熟なパイロットらが方向を見失ったという話は後ででっち上げられたのだ」とニコライ・ザベリンは主張している

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる