冷戦時代のソビエトの反米ポスター15選

共有
 ソ連の大衆にとって米国が「実際どのようなものか」を描くよう課題を与えられたソ連のプロパガンダ・アーティストたちは、アメリカ人を一括りに醜い年老いた資本家「アンクル・サム」として描くことをためらわなかった。

1.「米国軍は侵攻と強奪の道具だ」

2.「侵攻の強い反動:インフレーション、不況、物価高騰」

3.資本主義国と社会主義国での才能ある若者の異なる運命

4.「国境がどこか忘れたなら、着陸を手伝ってやろう」

5.「近東:ここではまた石油と血が流れている」

6.「二つの世界・二つの計画:我らは命の種を植え付ける! 奴らは死の種を蒔く!」

7.「飢える人々の米国流の助け方」

8.「我々は平和的な仕事で忙しい。国外の者は知るが良い。我々に触れると危険だ。分かったか?」

9.「いかにして一人の男が二人の将軍を養うか」

10.「アメリカ流の自由」

11.「全世界の資本主義者らよ、団結せよ!」

12.「ここに自由な体制があるというなら、一体何を監獄と呼ぼうか」

13.「ふざけるな!」

14.「我らは荒野を花咲く国に変える。奴らは街や村を荒野に変える」

15.「あちらでは富裕者だけに豊かさがある。こちらでは皆の豊かさを追求している」

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる