ソ連の民間航空を世界一に仕立てたプロパガンダ

A.カコレキン
 ソ連時代、民間航空を作り上げるのにプロパガンダが大いに役立った。何千人もの人がパイロットやさまざまな飛行クラブのメンバーになりたがり、民間航空の発展に貢献することをを望んだ。

 ソ連の民間航空会社は192329日に創建され、わずか50年間で大きく発展し、1970年代には保有航空機の量と質において世界一と考えられるようになった。

1.「ソ連の航空産業は人民の誇り!」

2.「ソ連航空産業の新たな成功に向かって!」

3.「パイロットを目指すぞ!」

4.「若者よ、スカイスポーツを楽しもう!」

5.「ソ連の航空編隊を作り上げよう!ドブロリョート社の株主になろう!」

 1920年代、ソ連にはドブロリョートと呼ばれる志願航空艦隊協会が存在し、この国の航空産業の発展に大いに寄与した。

6.「コムソモール(共産主義青年同盟)のメンバー、若い労働者たち、ピオネール(少年団)の諸君、オソアヴィアヒムの飛行クラブに入ろう!国を守るため、航空隊の支援をしよう!」

 オソアヴィアヒム(ソ連国防・航空化学建設協賛会)はソ連軍の予備役の訓練を主な目的とした社会政治組織であった。

7.「ソ連に15万人のパイロットを!」

8.「アヴィアヒムによる越境飛行のために君は何をしたか!」

 アヴィアヒムとはオソアヴィアヒムの前身組織。

9.「もっとエンジンを!」

10.「女性労働者諸君、航空機器の操作を修得せよ!民間航空を専門とした学校、専門学校、技術大学に入ろう!」

11.「すべてのコルホーズ(集団農場)や工場から、航空機パイロットを!」

12.「スターリンのはやぶさ―大空の征服者に栄光あれ!」

13.「農業従事者同志!航空機製造を支援しよう―そこに君たちの力がある!」

14.「若者よ、飛行機に乗れ!」

15.「飛行機でソ連へ」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる