ロシアで2019年に参加できるボランティア活動

Legion Media
 ロシアやロシア人について知りたいが、お金をかけずにわくわくする方法を探しているなら、次のようなプログラムに参加してみてはいかが?今年は、遺跡の発掘から自然保護活動まで様々なプログラムが用意されている。

1.クリミアでの考古学発掘調査

 考古学基金と東ボスポラス考古学発掘隊はクリミア半島への遠征に参加するボランティアを募集している。今回も、参加者は経験豊かな考古学者の指導を受け、質問に答えてもらったり、遺跡発掘の基本的な技術を教えてもらうことができる。今年は、古代キズ=アウル古墳とケルチ要塞の遺跡発掘を目的とし、併せて考古学やクリミアとクラスノダール地方の歴史についての講義が用意され、もちろん、スポーツ、エンターテインメント、海水浴も楽しむことができる。発掘の経験は必要なく、誰でも参加できる。

日程:発掘調査は7月1日より8月1日で参加期間は最低1週間

参加費用:初めて参加する人は1日あたり550ルーブル(およそ900円)。渡航費やエクスカーション費は個人負担。

詳しい情報はこちら(ロシア語のみ) 

email: archae@mail.ru

2.エルミタージュ美術館

 芸術や文化に興味があるならロシア最大で最も有名な国立エルミタージュ美術館でのボランティアに参加してみるのはいかが?エルミタージュ美術館の刊行物の翻訳、来館者向け対話プログラムの作成、特別イベント開催のお手伝い、美術館に多数ある調査部門のサポート、ボランティア活動の運営管理等の仕事がある。この美術館はボランティア活動に対し大きく門戸を開いているので、積極的に興味のある分野を志願したり、特定のプロジェクトを見つけたりできる。一ヶ月以上ボランティア活動ができるのであれば、美術館がビザ取得のための招待状を出してくれ、一ヶ月間に最低60時間以上の活動をすれば、終了時に正式な修了証明書を発行してくれる。 

日程:随時

参加費用:無料

詳しい情報はこちら

email: volunteer@hermitage.ru

3.国立公園「ヒョウの大地」

 ロシア極東にある国立公園「ヒョウの大地」は世界でも極めて珍しい動物を保護するため尽力している。希少動物であるヒョウを守るために創設された国立公園は自然の生息地のおよそ60%をカバーしている。動物が好きで、野生生物の保護を助けたいというあなた。この「ヒョウの大地」でボランティアをしてみるのはいかが?ボランティアの内容は、スギを植えたり、コミュニケーション・タスクに参加したり、組織上の作業を手伝ったり、自然保護区の保全をより確実なものにするのを助けたりするというのが、ボランティアに課せられる作業となっている。

日程:随時

参加費用:無料

詳しい情報はこちら

email: nauka_ecopros@leopard-land.ru 

4.カムチャツカ火山群

 カムチャツカ自然公園の火山群でもボランティアの募集が行われている。ユネスコの世界遺産に登録されている火山群は、美しい景色と豊かな野生生物で有名である。この火山群でのボランティア活動に参加すれば、風光明媚な景色を楽しめるだけでなく、登山道を作ったり、観光案内をしたり、画像や動画を撮影したり、資料の翻訳をするなど、様々な作業に参加することができる。登山の経験があり、チームで作業することができ、できれば基本的な救命技術があり、野生の動物とぜひ触れ合ってみたいという人ならぜひ応募してみてはいかが?

日程:5月–10月の随時、期間は10日から1ヶ月半まで

参加費用:無料

詳しい情報はこちら(ロシア語) email: volcanoesofkamchatka@mail.ru

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる