チュメニ国立大学への留学ガイダンス:よくある10の質問に答える

Press photo
 シベリアの名門、チュメニ国立大学は、質の高い教育のみならず、ロシア文化に浸る機会を提供している。

 シベリアへの留学なんてピンと来ない?いや、もう一度考えてみてほしい!もしあなたが、ハイレベルで受けやすい教育を探しているなら、そして学術研究を行いつつ、世界中の学生と出会い、交流したいなら、チュメニ国立大学(UTMN)を検討してほしい。シベリアの主要な高等教育機関の1つで、ロシアのトップ60に入っている。以下のFAQ(よくある質問とその答え)を読んで、そこで何があなたを待っているか調べてほしい。

1.どんな専門を学べるのか? 

 この大学では、多くの技術系および人文系の学科を教えている(そのリストは長大だ )。

 外国人留学生の間で最も人気のある専攻は次の通りだ。

•言語学

•経済学

•IT

•生物学(とくに「X-BIO環境農業生物学研究所」。これは、グローバルなバイオセキュリティ問題に取り組んでいる)

•国際関係

•メカトロニクスとロボット工学

 もし、あなたの目標が、基本的な知識と職を得ることにとどまらず、多分野の科学研究に携わることであるならば、「高等学術研究学院」は、格好の選択肢だ。ここでの研究はロシア語と英語の両方で行われ、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ出身のPh.D.をもつ教員が教えている。

 メディアの世界に飛び込み、現代デジタル文化を学びたい?ならば、理論的な講義と応用研究とを組み合わせたメディアコミュニケーション専攻(学士課程および修士課程)を検討してほしい。ここであなたは、カルトTVシリーズやショー、映画、メディア制作を勉強することになる。 

2.各課程はどんなシステム? 

 ここでの教育は、伝統的な「ボローニャ・プロセス」に基づいている。すなわち、4年間の学士と2年間の修士の課程がある。

 コアとなるコースの他に、学生は他の専攻からも、追加の分野を選択することができる。合計で200以上の分野があるので、独自のカリキュラムを作成して、卒業証書、資格を加えることができる。

 また学生は、在学中に、地域内外の大手の石油・ガス、IT、商業その他の企業でインターンシップを行うことができる。

 高等教育を既に受けた人々のためには、UTMNはPh.D.プログラムを提供している。さらに、応用研究や理論研究を行って、学術誌に掲載する機会も与えられるだろう。

3.何語で勉強するのか? 

 ほとんどすべてのプログラムはロシア語で教えられている。そして留学生は、ロシア人学生といっしょに勉強する。

 しかし、英語で教えられているプログラムもいくつかある。例えば、植物バイオセキュリティ(上記のX-BIO研究所)では、高等学術研究学院の7つのプログラムと同じく、英語で修士号を取得できる。

4.ロシア語を話せない人はどうするの?

 現在、UTMNには、ここで学ぶ前にはロシア語を話せなかった、400人以上の留学生がいる。つまりあなたは、この大学でロシア語を学ぶことができるわけだ。集中的なロシア語コースと、大学入学に役立ついくつかの科目を教える基礎(大学予備)プログラムから始めよう。

 また、あなたは、NPO法人「バディプロジェクト」のボランティアたちに会うことだろう。彼らはいつでも留学生を支援する用意がある。

5.学費はどのくらい? 

 基礎プログラムは約1500米ドルだ(前期と後期分)。学費はプログラムによって異なる(年間1500~4100ドル)。優秀な成績で試験に合格すると、割引が適用されることにご注意。

6.無料で学べるチャンスはある?

 チャンスはある!ロシア政府奨学金に申請することができる。この奨学金は、入学前の基礎プログラムの授業料、および学位プログラムの全期間、ならびに毎月の生活の手当てをカバーしている。 

 Ph.D.を取得しようとしている大学院生は、UTMNから特別な奨学金を受けられる可能性がある。これは月額500ドル(チュメニ市の平均給与に等しい)。奨学金についてさらに詳しくはこちらをどうぞ。

7. OK!でもビザが必要でしょう?

 ほとんどのCIS諸国の学生を除く留学生は、ロシア入国前に、学生ビザの取得が必要だ。ビザ申請は、最寄りのロシア大使館(領事館)、またはビザセンターで、UTMNからの公式の招待状にもとづき行える。入国ビザは、チュメニ到着後に、その期間を1年間に延長する。

8. チュメニではどこに住むの?

 UTMNにはいくつかの寮がある。それらはすべて、市の中心部の環境の良い所にあり、大学の建物から徒歩圏内だ。

 学生は、現代的な1ベッドルーム、2ベッドルーム、または3ベッドルームのフラットに住んでいる。すべての必要な家電製品と高速Wi-Fiが備わっている。こちらの写真をご覧いただきたい。

 1~4人の学生が寮の各部屋に住み、賃貸料はわずか月額10~15ドルだ。寮の近くには、多くの公園、スタジアム、文化施設がある。学生たちは、そこに集まって余暇を過ごすのを好む。

9.大学の外の環境、状況は?

 多分あなたはガッカリするだろうが、ここの街角で熊に遭遇することなどない。チュメニ(モスクワ東方2000km)は、約80万人の人口を擁するシベリア最古の都市の一つだ。建設は16世紀にさかのぼり、今でもロシアの20大都市の一つに数えられる。天候は、大陸性気候の特徴をはっきり示すが、快適だ(7月の平均気温は30°C以上になることもある。一方、1月の平均気温は約-15°C)。

 多くの若者が、チュメニにやって来て勉強し、働く。なぜならこの都市は、平均給与額でロシアのトップ10に入るから。市の主な産業は、石油と天然ガス(ルクオイル、TNK、ガスプロムなど、天然資源関連の巨大企業がここにオフィスを構える)と機械工学だ。航空機エンジン、アキュムレーター、医療機器も生産されている。ちなみにチュメニは、「ロシアの都市ランキング」によると、ロシアで最も快適な都市である。

 劇場、映画館、ショッピングモール、博物館、ミュージアム、カフェ、ジム、スイミングプール、それにロシア最大のウォーターパークがある。ドミトリー・メンデレーエフ記念図書館は、あなたの学業に必要な科学的情報源となるだろう。

10.なるほど、おもしろそう。では、UTMNへの具体的な入学手続きは?

ステップ1. 専門を選ぶ(こちらをどうぞ )。

ステップ2.オンラインで申し込む。志望動機に関するレターとこれまでの学歴を追加することを忘れないで。申込書の審査には約3週間かかる。2019学年度の申し込みは、2018年10月に開始される。

ステップ3. UTMNの基礎プログラム(大学予備課程)でロシア語を学ぶ。

ステップ4.必要な試験に合格する。外国語としてのロシア語と、当該の専門に進むのに必要な学科の試験だ。これは、チュメニでも、オンラインでも可能だ。

ステップ5. 学費を払い、学生ビザを取り、必要書類を揃える。あとは一路チュメニに向かうのみ!

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる