息をのむほど美しいロシアの大学10選

Legion Media
 キャンパスが美しいことは大学を選ぶ唯一の基準ではないが、間違いなく役に立つ。最も美しい勉強の場所をカウントダウンで見ていこう。

10. イマニュエル・カント記念バルト連邦大学、カリーニングラード

 バルト連邦大学のキャンパスをかつて使っていたドイツ・ケーニヒスベルク大学は、第二次世界大戦中にひどい損傷を受けたにもかかわらず、元の建造物の多くがそのまま残っている。カリーニングラードの他の場所と同じく、この大学内を散歩していると、帝国時代のプロイセンにいるような気分を味わうことができる。

9. インノポリス大学

 タタールスタンにできたピカピカの真新しい村インノポリスにある、ロシア最新の大学はこの上なく先進的だ。カザンに近いヴォルガ川沿いにある位置するこの施設は2015年に開校され、ロシアの今後のITおよびロボット科学産業の原動力になる予定だ。

 インノポリスの建物の透明なガラスの外観は、きらびやかで宇宙船のようだ。遠くから見ると、建物が地面から浮いているように見える。それだけでも十分カッコいいのに、さらに、キャンパスと学生村をつなぐ地下トンネルまである。

8. 極東連邦大学、ウラジオストク

 先ごろ、近隣にある4つの大学を統合してできた極東連邦大学はアヤクス湾岸にあり、国内でももっとも風光明美な場所のひとつとなっている。

 「町の中にある町」として設計されているウラジオストクのキャンパスには、ロシア国内でもっともモダンな学生寮は言うまでもなく、様々な公園、路地、スポーツ複合施設まである(つまり、サバイバルガイドは、おそらく必要ないということだ )。

7. バウマン記念モスクワ国立工科大学

 ロシアで2番目に古いこの大学には、その威厳にふさわしいキャンパスがある。恐怖を感じるような感じでヤウザ川を見下ろす場所に立つ巨大な煉瓦の建物は、バウマン大学が輩出した数多くの有名なエンジニアや大企業家らの証だ。

6. サンクトペテルブルク国立大学

 サンクトペテルブルクには素晴らしい大学がたくさんある――その筆頭は、ウラジーミル・プーチン大統領の母校、あるいは、ロシアで最も伝統があると断言できるこの大学だ。

 ピョートル大帝の大がかりな教育制度の一環として1724年に登場したこのキャンパスは現在、都市のあちこちの素晴らしい景観を持ついくつかの場所で運営されている。ワシリエフスキー島にあるエレガントな赤い12コレギア(参議会)の建物(中には世界最長の学問の廊下がある)や、ペテルブルクの中心街にあるパノプティコン風の経済・財政学部などだ。

5. カザン連邦大学

 いわゆる「カザンの誇り」は、まったく気取りのない優雅さだ。カザンの中心街にあり、1830年に完成したこの新古典主義様式のキャンパスは、当時の法則のすべて――すっきりとした直線からシンメトリカルな目を引く円柱まで――に則って建てられている。1996年以来、この大学がロシアの世界文化遺産に登録されていることは驚くにあたらない。

 メインキャンパスばかりが注意をひきがちだが、この複合施設には、化学研究所、タタール国立図書館、大学観測所といった新古典派の驚くべき建築物がいくつもある。どれを選ぼうかと贅沢な気分になることだろう。

4. トムスク国立大学

 トムスクは、ヨーロッパの壮麗さをシベリアにももたらすことにし、1878年に古典様式の驚くべき建築物を建設した。内部を見事な白いレンガ造りと寄せ木張りの床で飾ったこの建物は、街でもっとも目を引くモニュメントのひとつだ。また、目の眩むようなその輝きにもかかわらず、驚くほど心地良い雰囲気を醸し出しているのは、とりわけ、正面にある整然とした木立と、印象的な本館のそばに立っている旧式のロシア風の青い小屋のせいだろう。

3. ピョートル大帝記念サンクトペテルブルク工科大学

 1899年に財務大臣のセルゲイ・ヴィッテ伯爵と伝説的な化学者ドミトリー・メンデレーエフが開校したサンクトペテルブルク高等技術学校は、常に帝国の威厳を示すように企図されていた。新古典派様式のこの学校は、見事なローマ式のアーチ道、壮大な階段、オックスフォードやケンブリッジやベルリン工科大のキャンパスを模して作られた贅沢なシャンデリアが特徴だ。街の中心地ではなく、ソスノフカ村の近くにあるこのキャンパスには、広大な緑地も点在し、夏には実に驚くほどに美しくなる。

2. ロモノーソフ記念モスクワ国立大学

 大学の歴史は1755年に遡るが、本館(この大学のもっとも象徴的な顔であり、さらに、世界でもっとも高層の大学校舎である)が建てられたのは、わずか50年ほど前の1953年だ。

 おそらく、世界で最も有名なスターリン様式の建築物であるモスクワ大学の本館は、モスクワで最高の眺めを誇る雀が丘の上にあるが、かつてここには、がらんとした広大な公園が広がっていた。堂々として畏敬の念を抱かせ、歴史の鋭い感覚を持っているモスクワ大学は、ロシアの首都で未来のエリートたちが通う場所だ。

1. イリヤ・レーピン記念サンクトペテルブルク国立絵画・彫刻・建築アカデミー

 「最も重要な3つの芸術」のためのアカデミーは、1757年にミハイル・ロモノーソフの主唱によってサンクトペテルブルクに登場した。パリやアムステルダムにある建物をそっくりまねたようにネヴァ川岸に立ち、美しさという点ではエルミタージュにひけをとらぬほど美しい。その一例が大学のメインホールだ。そこのガラスの円天井は広々とした装飾的な床の上に張り出し、さらにローマ風のアーチがある。また注目すべきは、キャンパスの目を見張るような円形の中庭で、高いところに窓があるパノラマの巨大な壁が広がっている。

 ロシアの美術史に非常に大きな影響を残しているこの大学は、古典的な芸術を学ぶエリート学生を毎年千人ずつ各コースに受け入れているだけでなく、外国人向けに総合的な授業を英語で行うサマースクールも開催している。ロシア・トゥデイで私たちの友人たちが撮影したすばらしいドキュメンタリーを通して、活動中の学生たちをチェックしてみよう!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる