ソ連レフ・クレショフ監督の傑作選

ロシア帝国からソビエトへと体制が移った、激動の1910~20年代のロシア。芸術でもロシア・アバンギャルドという新しいムーブメントが生まれた時代に、映画においてその先頭にたったレフ・クレショフ(1899-1970年)は、“クレショフ効果”に代表されるモンタージュ理論を打ち立て、現代映画の基礎を築き上げました。彼の理論はアルフレッド・ヒッチコックやセルゲイ・エイゼンシュテインなど偉大な巨匠から現代の映画作家まで、あらゆる映画作家に大きな影響を与えています。

 この度、『レフ・クレショフ傑作選』(ユーロスペース他、全国順次公開)の公開初日が2013年8月17日(土)に決定いたしましたので、お知らせいたします。

 また、イベント上映として、初日8月17日(土)に山崎バニラ活弁付き上映( 「ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険」)、8月22日(木)に柳下美恵ピアノ生伴奏付き上映( 「二人のブルディ」)を行うことも決定いたしました!(場所:ユーロスペース、各回21:10開演。両氏プロフィールは別紙参照。)

 

『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』1924年/73分/b&w/サイレント

 後の巨匠バルネットやプドフキンが出演する記念すべきクレショフ工房第1回作品。アクションと風刺満載の伝説の奇天烈コメディ。

『掟によって』1926年/80分/b&w/サイレント

 クレショフが自認する最高傑作。クレショフの映画理論を更に進化させた重厚で緊迫感のある異色のサスペンスドラマ。

『二人のブルディ』1929年/65分/b&w/サイレント

 主観ショット等、後の映画に影響を与えた撮影技法が随所に光る、戦乱を舞台にした道化師達の人間ドラマ。日本初公開!

 

*公式サイトはこちら