「ロシアの森の女王」、ブルーベリーを使ったレシピ5選

Legion Media
 ブルーベリーはその85%が水であるため、ダイエットにぴったりな食べ物である。しかし、だからといって、このベリーで作ることができる素晴らしくおいしいデザートやドリンクがないというわけではない。

 ブルーベリーはロシア語で「チェルニーカ」と呼ばれているが、この名前はその色である「黒」という言葉に由来する。食べると口や手が黒っぽくなるこのブルーベリーは、枝から1粒1粒、手で収穫する。ブルーベリーの低木は主に北方の針葉樹林または沼地に生育している。さらにこのベリーは、実にも(目によい、心血管疾患に効く)葉にも(糖尿病の初期段階に用いられる)、効能があると考えられている。

1. ブルーベリーのカリートカ

 「カリートカ」というのは、カレリアにルーツを持つ伝統的なオープン型のピロシキである。発酵種なしのライ麦生地のなかに餡が入っている。この「カリートカ」は別名、北方ロシアのタルトレットとしても知られている。カレリアはフィンランドとの国境地帯にあり、湖、針葉樹林、そしてブルーベリーでよく知られている。

作り方:

 ブルーベリー(200g)は洗って、乾燥させる。ライ麦粉(150g)と小麦粉(100g)をふるい、塩、砂糖少々を加え、混ぜる。粉を2等分し、片方にソーダひとつまみを加え、混ぜ合わせておいておく。もう片方の生地は作業台に開け、真ん中にくぼみを作り、牛乳(90ml)、溶かしたバター(30g)、卵1個を入れ、砂糖(小さじ1)と塩少々を加える。生地を端から中央に集めるようにして生地をこねる。そこに、ソーダを加えた生地を少しずつ入れ込みながら、生地にまとめていく。なめらかでよくのびるものの、少し手につくような状態になったら、30分ほどおいておく。オーブンを200220℃に予熱し、天板に植物油を塗る。

 生地を長いひも状にし、10等分する。それぞれを丸か楕円形に薄くのばし、真ん中にベリーを入れ、端を留めていく。180200℃のオーブンに入れ、薄く焼き色がつくまで15分ほど焼く。皮があまり固くなりすぎないよう、アツアツのカリートカに溶かしバターを塗る。

2. ブルーベリー入りの揚げピロシキ

 このピロシキはフライパンで揚げて作り、また生地にも脂肪分が多めのサワークリーム(20%)を加えるため、ダイエット中の人にはオススメできない一品。とはいえ、カリカリに焼けた皮と甘酸っぱいベリーのフィリングは、多くの人に愛されている。

作り方:

 卵(2個)と砂糖(大さじ4)は泡立てる。植物油(大さじ2)を加えて混ぜる。サワークリーム(脂肪分20%)、塩(小さじ1/4)、ベーキングパウダー(小さじ1/4)を加えて、混ぜる。そこに小麦粉(3カップ)を混ぜながらふるい入れ、生地にする。生地を棒状にまとめ、12等分する。それぞれを丸めたら、のばし、ブルーベリー(1個に25粒くらい)を入れ、砂糖をまぶす。ピロシキはボート型にする。フライパンを熱し、植物油を入れ、ピロシキを並べる。両面にきれいな焼き色がつくまで焼く。

3. ブルーベリー入りのカッテージチーズのザペカンカ

 ピローグやピロシキを焼く時間がないというときは、ザペカンカを作ろう。生地がうまくできるかどうかという心配もない。冷蔵庫の中にカッテージチーズと少量のベリーがあればよい。

作り方:

 卵黄(2個分)と砂糖(70g)、バニラ(ひとつまみ)をミキサーで混ぜる。カッテージチーズ(600g)を加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。セモリナ粉(大さじ5)、ブルーベリー(150g)を加える。卵白(2個分)を泡立て、泡をつぶさないよう生地に混ぜ込む。焼き型に植物油を塗り、生地を流し込む。180℃に予熱したオーブンに入れ、30分焼く。

4. ブルーベリーのオラーディ

 このオラーディには、オーツ麦(オートミール)、卵、カッテージチーズ、ベリーという朝食にぴったりな材料がすべて入っている。これらの材料でブルーベリーの「目」がついた食欲そそるオラーディができる。

作り方

 オートミール(1カップ)をブレンダーにかけ、砕いたカッテージチーズ(100g)、ケフィール(100ml)、卵(2個)を加え、よく混ぜ合わせたら、ブルーベリー(1カップ)を加える。15分ほど休ませたら、あとは植物油をひいたフライパンで焼くだけ。できればテフロン加工のフライパンを使い、両面それぞれを蓋をした状態で中火で3分焼く。ハチミツまたはサワークリームを添えてサーブする。

5. ブルーベリーのキセーリ

 キセーリは栄養価が高く、使う材料によって、飲み物になったり、食べ物になったりする。いずれにしても、キセーリは食欲があまりわかない暑い夏にぴったりな一品。しかも、甘さを調節できるため、ブルーベリーの味は変わらない。

作り方:

 ブルーベリー(30g)は洗い、水(200ml)に入れ、10分煮る。火を止めたら15分ほどおいておき、ざるで濾す。砂糖(小さじ2)を加えて、もう一度沸騰させる。片栗粉(10g)を水(100ml)に溶かしておいたものを加え、混ぜたら、沸騰する直前に火を止め、レモン汁(小さじ1)を加える。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる