女性モデルが刺激的なポーズを取る「大人のためのアイスクリーム」の広告が呼び起こす大騒動

Alcreme
 メーカー側はホクホク顔で防戦態勢。

 このメーカーが売り出したのはアルコール入りのアイスクリーム。そしてその宣伝が大きな話題を呼んでいる。ロシアのアイスクリームメーカーは、女性モデルがメーカーのアイスクリームを身体に塗ってポーズを取る刺激的で煽動的なシリーズ写真を公表し、スキャンダルを巻き起こしている。

 多くのインターネットユーザーがこの宣伝を不快なものと評価している。

 あるインスタグラムのユーザーはある投稿に「センスが悪く、劣悪で、陳腐で、低俗だ」とコメントした。

 しかし実際にはより多くの人々がこの宣伝は嫌悪的なものだとし、メーカーは倒産すべきだと書いている。

 また別の消費者はある投稿に対し、「2018年、貴社は商品を不快に性と結びつけてその品を売っている。もっと才能がなく仕事をしないPRマネージャーを見つけられなかったのか?」と疑問を呈している。

 一方で、男性を中心とした消費者の多くが、PRキャンペーンは素晴らしいものだと賞賛を送り、メーカーを弁護している。たとえばbranbelarusというニックネームのユーザーは「PRキャンペーンはその目的を達成している。わたしはこのアイデアが気に入っている。ロシアではフェミニストや宗教信者をはじめ、さまざま人の気分を害さずに何かを作るのは難しいことだからね」と書き込んでいる。

 女性の中にもメーカーサイドに立つ人もいる。「勇敢だわ!広告はものすごい騒動を巻き起こしている。お店を見かけたらぜひ買ってみたいわ」とコメントしているのはニックネームksu_squirrelという女性。

 ネット上の広告の拡散は最初、メーカーのマネージャーを驚かせたが、彼らはすぐにこのスキャンダルのメリットに注目した。「これほどの騒動が起きるとは予想していなかった。ここまでの騒ぎは見たことがない。ネガティヴなコメントは軽く受け止め、笑いながら読み流している」。メーカーの営業を統括するニキータ・シェルバコフさんはこうコメントした。

 シェルバコフさんはPRキャンペーンのために撮影した写真の半分がまだ残っているのでこれからまだ新しい作品を発表する予定だと述べている。

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる