東横インがモスクワにホテルを建設へ

Pixabay
 日本のホテルチェーン運営会社「東横イン」が、2019年3月にモスクワ都心でホテルの建設を始める計画だ。ロシアのニュースサイト「Mos.news」がモスクワ市建設投資委員会(モスコムストロイインヴェスト)広報部の話として伝えた。

 報道によると、建設予定のホテルの敷地総面積は1万1千平方メートル。日本のホテルチェーンによるモスクワ初のホテルとなる。現在、東横インは、日本、韓国、ドイツなどで、エコノミークラスの269店舗を展開している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: