ロシア極東への投資誘致を担当する東京事務所開設へ

「先行発展領域(TOR)」に関する展示会を訪問するウラジーミル・プーチン大統領。ウラジオストク、2017年9月5日

「先行発展領域(TOR)」に関する展示会を訪問するウラジーミル・プーチン大統領。ウラジオストク、2017年9月5日

Kremlin.ru/Global Look Press
 ロシアの極東投資誘致・輸出支援局が、東京に事務所を開設する。露日貿易経済政府間委員会の会合終了後、アレクサンドル・クルチコフ連邦極東開発省次官が述べた。

 「2018年5月末までに、極東投資誘致・輸出支援局が、東京事務所を開設する。この事務所は、極東でのビジネスに関心を持つ日本の投資家と、臨機応変に協力していく。これに関連して、我々は日本側に、事務所への協力を要請した」。極東開発省広報部は、同次官の発言を伝えている。

 現在、極東投資誘致・輸出支援局の海外代表部は、すでに北京で活動している。来年初めには、ハルビン、上海、ソウル、ムンバイでも開設の予定。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる