露石油ガス4社が世界10位以内に

「ガスプロム」のアレクセイ・ミレル社長(右側)と 「ルコイル」のヴァギト・アレクペロフ社長=

「ガスプロム」のアレクセイ・ミレル社長(右側)と 「ルコイル」のヴァギト・アレクペロフ社長=

ロイター通信
 ルーブル安により、ロシアのエネルギー企業の支出はドル換算で縮小し、その結果、収益が大きく伸びたことから、世界のトップにランクインすることとなった。

 アメリカの情報会社「S&Pグローバル・プラッツ」が発表した2016年「世界エネルギー企業トップ250社」で、ロシアの国営天然ガス独占企業「ガスプロム」が、2011年以来となる、トップ3入りを果たした。

 第1位はアメリカの「エクソンモービル」、第2位は韓国の「韓国電力公社」。ガスプロムは昨年の第43位から第3位へと、40ポイント上昇した。ガスプロムは売上高で世界第9位だったが、純利益では第2位で、エクソンモービルに続いた。

 ガスプロム以外にも、この上位10位以内にロシアの国営石油会社「ロスネフチ」、民間石油会社「ルコイル」、民間石油・ガス会社「スルグトネフテガス」の3社が入った。

 「総資産50億ドル(約5000億円)以上の企業が入るプラッツのランキングは、資産の規模、売上高、純利益、投下資本利益率(ROIC)の4つの指標から作成される」と、ロシアのFX会社「テレトレード」の上級アナリスト、アレクサンドル・エゴロフ氏は話す。そのため、ロシアの企業に対する評価は妥当で客観性があるのだという。1世紀以上活動しているS&Pグローバル・プラッツは、イギリスの調査会社「アーガス・メディア」とともに、世界の石油・石油製品市場を評価する影響力のある機関であると、ロシアの大手証券会社「フィナム」の専門家・アナリスト、アレクセイ・カラチョフ氏は話す。

 

主な要因とは

 S&Pグローバル・プラッツによると、ガスプロムが昨年下位に位置した理由は、対ドルのルーブルの急落だったという。これによって為替差損が発生し、債務の支払いや与信枠の拡大が困難になった。だが、ルーブル安によって国内の支出が減少したため、長期的には得たものの方が大きかった。

 このルーブル安が4社を10位以内に押し上げた。ルコイルは昨年の第13位から第6位へ、ロスネフチは第10位から第7位へ、スルグトネフテガスは第12位から第9位へ、それぞれ浮上した。スルグトネフテガスは投下資本利益率(20%)では世界第2位で、インドの「コール・インディア」(41%)に続いた。

 「外貨換算での高収益性が主に、ロシアの会社のランクを決めた」とカラチョフ氏。ルーブルでもそれほど増えていない国内の支出が、ルーブル安によってドル換算で著しく縮小し、ロシアの石油・ガス会社は外国の競合に対して優位になったのだという。

 さらに、ガスプロムは大手企業の中で、負債が最も少ない、EBITDA(利払・税引・償却前利益)1倍未満の企業となり続けていると、ロシアの投資会社「フリーダム・ファイナンス」ロシア株式市場運用管理責任者のゲオルギー・ヴァシチェンコ氏は説明する。

 

世界の大手企業の収益は

 一方で、世界の大手石油・ガス会社のほとんどが、原油価格の低迷により、順位を大きく下げた。上位10位以内には、アメリカの「シェブロン」や「コノコフィリップス」、イギリスとオランダの「ロイヤル・ダッチ・シェル」、中国の「中国海洋石油総公司(CNOOC)」や「中国石油天然気集団(PetroChina)」が入っていない。

 世界の大手エネルギー企業28社の2015年の総収益は、1393億4000万ドル(約13兆9340億円)から257億3000万ドル(約2兆5730億円)と、5分の1以下になっている。これは2002年から始まったこのランキング史上最も少ないと、ロシアの経済紙「RBCデイリー」は指摘している。

世界エネルギー企業トップ10社

1位 エクソンモービル、アメリカ2位 韓国電力公社、韓国3位 ガスプロム、ロシア4位 フィリップス66、アメリカ5位 バレロ・エナジー、アメリカ6位 ルコイル、ロシア7位 ロスネフチ、ロシア8位 リライアンス・インダストリーズ、インド9位 スルグトネフテガス、ロシア10位 マラソン・ペトロリアム、アメリカ