世界を目指すロシア産ワイン

全ロシア世論調査センターの調査によると、ロシア人の43%がワインは体に悪い飲み物だと考え、25%が国内でこの分野は発展しないと考えている=オレグ・セルデチニコフ撮影

全ロシア世論調査センターの調査によると、ロシア人の43%がワインは体に悪い飲み物だと考え、25%が国内でこの分野は発展しないと考えている=オレグ・セルデチニコフ撮影

ロシア産ワインの国内需要は高くない。ロシア連邦国家統計局のデータによると、アルコール総販売量の8.5%にすぎない。全ロシア世論調査センターの調査によると、ロシア人の43%がワインは体に悪い飲み物だと考え、25%が国内でこの分野は発展しないと考えている。ソ連時代から、ロシア産ワインの評判は悪いが、今日では、質が高いだけでなく、フランス産やイタリア産にも負けないようなワインが生産されている。

ロシア・ワイン・ガイドブック 

 ワイン専門家でソムリエのアルトゥール・サルキシャン氏は、ロシア・ワイン・ガイドブックを作成した(印刷版と電子版で、言語はロシア語と英語)。サルキシャン氏はあくまでも個人的な選定としたうえで、最初に醸造所、次に店頭のボトルと、どのワインでも必ず2回の試飲を行っていると説明している。

 2014年版にはドン川流域の醸造所14ヶ所と、クバン川流域の醸造所5ヶ所の製品が入っている。その特徴はブドウの自生種を使用しているところ。「ヴェデルニコフ」醸造所のワイン「クラスノストプ・ゾロトフスキー」など、他では飲めない貴重なワインが存在する。

 ガイドブックにのっている数十種類のワインは、あらゆる優雅なテーブルに似合う。「ファナゴリヤ」醸造所のワイン「サペラヴィ」は肉料理、「アブラウデュルソ」の「リスリング」は魚料理、「ツィムリャンスキエ・ヴィナ」の「ツィムリャンスキー・グランド・レゼルヴ」は野生の小動物料理と合う。「ラエフスコエ」の「ルネッサンス」はチーズの味を引き立て、「シャトー・ル・グラン・ヴォストク」の「ファゴチン」はデザート、「レフカディア」の「リグリヤ・レゼルヴ」はオイスターに合う。

 

帝政時代に遡る伝統 

 これらのワインのほとんどが「地理的名称ワイン」に分類されているが、これはヨーロッパの地理的表示保護(IGP)に該当し、法的に分類が確定される。原産名称保護(AOC)に該当する「原産地名称保護ワイン」のカテゴリーは、現在作成中。

 ガイドブックには、主にロシア南部に位置する小さな醸造所の紹介もある。ロシアの総ワイン生産量の0.05%弱と極めて少量だが、ワインの専門家らは高く評価している。

 このような醸造所のおかげで、ロシア南部は国際的なワイン・ツアーの拠点に変わるかもしれない。ガイドブックに醸造所の物語が記載されているのもおもしろい。「ファナゴリヤ」はかつて存在したファナゴリヤの街の遺跡近くに位置している。「ツィムリャンスキエ・ヴィナ」については、アレクサンドル・プーシキンが自身の作品の中で触れている。「アブラウデュルソ」はニコライ2世のお気に入りだった。

 

35年後には市場に大変化? 

 ロシアぶどう栽培家・ワイン生産者組合のデータによると、国内の店頭に並ぶ国産ワインと外国産ワインの割合は7:3だが、国産ワインの半数はただ国内で瓶詰めされているだけだという。国産ブドウが使用されているのは30%ほど。だがサルキシャン氏はこう予測する。「3~5年後にはロシア産ワインのブームが訪れる。この時までに2~3年前に植えたブドウの収穫が行われる」

 ロシア産ワインが国内市場でシェアを拡大しないうちは、外国市場への参入は難しい。現在製品を輸出しているのは、比較的大手の醸造所の一部にすぎず、それもマーケティング目的の小ロットだ。「アブラウデュルソ」は例えば、シャンペンと発砲ワインを約15万本輸出しているが、これは自社の国内販売量の1%弱。同社の輸出先は、イギリス、ハンガリー、フィンランド、デンマーク、イスラエル、旧ソ連諸国。「ツィムリャンスキエ・ヴィナ」はリトアニア、カザフスタン、ポーランド、ウクライナなどの東側諸国に、約12万本を輸出している。「ファナゴリヤ」は少量を日本とアメリカに輸出している。

 「アブラウデュルソ」取締役会のパーヴェル・チトフ議長はこう話す。「ロシア産ワインを世界で認識されるようなブランドにしたい。ロシア産ワインの質は将来、欧米のワインの質と競争可能になるのではないか」