ルーブル記号の選定は国民投票で

「1ルーブル」木製コイン、トムスク市=写真提供:パーヴェル・アンドリュシェンコ / wikipedia.org

「1ルーブル」木製コイン、トムスク市=写真提供:パーヴェル・アンドリュシェンコ / wikipedia.org

ロシア連邦中央銀行は、ルーブル記号の最終選定を国民に委ねた。選択肢は5つ。

 ルーブル記号のデザインは、これまで何度か募集されており、さまざまな組織や民間人がアイデアを提案していた。中央銀行の作業部会が、これらの中から最終候補作を5つ選んだ。どの候補作も、どことなくドル、円、ユーロ、ポンドの記号に似ている。

 他の通貨と同様、ロシア・ルーブルの記号を決定すべきという提案は、1990年代半ばに行われていたが、ユーロの導入とともにその声が強まっていた。連邦法「ロシア連邦中央銀行について」に2006年、「ロシア銀行による記号としてのルーブルのグラフィック表記承認について」の補則が加えられた。

 通貨記号は通常、本格的な国際流通を目指す場合の措置であり、世界で使用される。

 国民投票の実施期間は12月5日まで。

最終候補作の画像はこちら

 

記事全文(露語)