セットを提案するスタートアップ

アレクセイ・ボチカリョフとナデジダ・ボチカリョワ夫妻=Press Photo

アレクセイ・ボチカリョフとナデジダ・ボチカリョワ夫妻=Press Photo

ロシア市場では、eコマース関連のスタートアップが増えている。新たなトレンドは、物を販売するだけのネットショップの運営ではなく、製品に関連するサービス全般の提供だ。

アパレルのネットショップにデザイナーが待機! 

 インターネット・ショップ「ラモーダ(Lamoda)」の創設者、アレクセイ・ボチカリョフとナデジダ・ボチカリョワ夫妻は、プロのデザイナーが選んだ5~7点からなるコーディネートを販売するためのサービスを始めた。子会社「ルックシマ(Looksima)」をアメリカとロシアの市場で同時展開しており、今後2年以内に、アジアを含む複数の市場にも参入する予定。

 ターゲットは25歳から35歳までの女性。ルックシマのパートナーである異なるネットショップの製品をこのウェブサイトに集約し、新人デザイナーやプロ のデザイナーがそれをコーディネートする。ユーザーはこのウェブサイトに登録する際、スタイルの好みを定める簡単なテストを受ける。これにもとづいて、デザイナーによるカテゴリー別(カジュアル、デート、ビジネスなど)のコーディネートが送られるようになる。

 ユーザーは気に入ったコーディネートのどのアイテムでも、パートナーのネットショップで購入することができる。アメリカとロシアのサービスでは、100人以上のデザイナーと50ショップのコレクションを用意している。製品が売れると、このサービスだけでなく、デザイナーも一部報酬を受け取ることができる。

「ルックシマ(Looksima)」のユーザーはこのウェブサイトに登録する際、スタイルの好みを定める簡単なテストを受ける。これにもとづいて、デザイナーによるカテゴリー別(カジュアル、デート、ビジネスなど)のコーディネートが送られるようになる。=Press Photo

 

インタラクティヴ・ネット・ショップ 

 ユーザーは異なるスタイルの写真を3枚アップロードしてデザイナーにコーディネートを評価してもらったり、チャットでデザイナーに質問をすることもできる。このようなサービスは、販売製品の提案によって収益化が可能となっている。ユーザーは希望すれば、スタイル・パスポートと呼ばれる、20ページからなる個人的な推奨スタイルを受け取ることもできる。

 パートナーのショップは、顧客と直接つながることのできる、このようなビジネスモデルを歓迎している。新人デザイナーにとっては、良いアピールの場所となる。

 ルックシマとすぐに提携を始めたデザイナーの一人はこう話す。「ロシアではアメリカやヨーロッパよりも、デザイナーが表に出ることが難しい。ルックシマのおかげで、新人デザイナーが広くユーザーと接触できるようになった。自分のコーディネートに『ライク』をもらえれば、自分を売りこめたということになる」。

 

急成長する露オンライン・ファッション市場 

 ボチカリョフ氏は、ロシアのオンライン・ファッション市場が毎年倍の伸びを示しており、昨年は20億ドル(約2000億円)のラインをこえたと話す(ちなみにアメリカの同市場成長率は16%)。そのため、ロシアでのルックシマの展開により力を入れている。現在はソーシャル・ネットワーキング・サービスや インターネットの広告を通じて顧客を呼び込んでいるが、口コミでデザイナーや新しいパートナーも増えている。

 昨年11月にはロシアのベンチャー基金「ヴェスナ・インベストメント」から、1500万ルーブル(約4500万円)を受け取った。ルックシマは今年末までに利益を出す予定。ボチカリョフ夫妻の試算では、ロシアとCISだけでもルックシマの企業価値が2015年までに4000万ドル~1億ドル(約40億 円~400億円)になるという。

 

服を着せて、おとぎ話を読んであげる! 

 他にも楽しい製品のコーディネート・サービスがある。こちらでは化粧品やおもちゃがセットになっている。アメリカとカナダからロシアにやってきた形態だ。2人のおしゃれなママ、アナスタシヤ・シゾワ氏とナタリヤ・エロヒナ氏は、「アイストボックス(AistBox)」サービスを始めた。ママと子供のた めのかわいくて役に立つ製品を、一つのセットにして販売している。ユーザーの両親はウェブサイトに登録する際、子供の誕生日、性別、名前、好きな色を入力 する。そのため、子供の成長に合わせてセットも”成長”していくようになっている。それぞれの新しいセットにはテーマがあり(例えば郊外のピクニックや水遊びなど)、本、ママが喜ぶアイテム、おもちゃなどが4~6製品入っている。

 新生児から7歳用までの6種類の箱が、毎月提案される。配達料を含むセットの料金は、1ヶ月で1500ルーブル(約4500円)、半年で8000ルーブル(約2万4000円)、1年で1万5000ルーブル(4万5000円)。シゾワ氏によると、このサービスは始めて半年で、主に製品の質の高さにより、 1500人以上の顧客を得られたという。2人はブログを書いており、環境安全性の基準や製造者の認証の有無といった、セットの製品を選ぶ基準などの情報を 発信している。アイストボックスは、製品の検査を行う実験所も開設する予定。

 

RBCデイリー紙の記事を参照