モスクワのATMに偽造紙幣

PhotoXPress撮影

PhotoXPress撮影

ロシアの大手銀行4行(モスクワ銀行、アルファ銀行、VTB24、ズベルバンク)が、モスクワ市およびモスクワ州にある自行の現金自動預け払い機(ATM)とキオスク端末で、5000ルーブル紙幣の受け入れを停止した。その原因は大量の偽造紙幣。

 犯人は偽札で支払いを行う代わりに、機械に投入し始めた。偽の5000ルーブル紙幣は、中東諸国のいずれかにある専門的な印刷機器で製造されていると考えられている。ただし機械に投入される偽札には、機械が本物か否かを判別する印のみ複製された白黒印刷の紙幣もある。

もっと読む:


ルーブル安

  ロシア中央銀行現金流通部のアレクサンドル・ユロフ部長は、中央銀行がこのような事態を想定し、4ヶ所以上の印を判別するセンサーを機械に取り付けるよう、すでに何年も銀行に勧告していることを明らかにした。

 しかしながら大手銀行や銀行連合は、機械の新装備に多額の費用がかかることから、これを実施していなかった。ユロフ部長は、各行が今後、実施せざるをえなくなると考えている。

 

*ベドモスチ紙とコメルサント紙の記事を参照。