日本に新たな資源:産出試験開始 メタンハイドレート

ImageForum撮影

ImageForum撮影

 独立新聞よれば、日本の経済産業省は2月1日、世界初のメタンハイドレートガスの海洋産出試験の開始を発表した。作業は球深部探査船り、美半島南方701000海底で行われている。

 メタンハイドレートは底にあり温度が上昇するとスと水に分解するメタンと水の化合物である。

  世界の蔵量は石油のそれを上回るが、取はい海底圧力のもとで行われるわば「圧縮された雪」を海面へ運び上げる際にメタンが飛散して環境に悪影響を及ぼすことから、極めて難とされている。

 日本周辺の海域には本のエネルギー需要を100年分まかなえる量のスが眠っているという。

 ガスハイドレートは化石燃料全体の75%を占め大なポテンシャルを秘めるとみられいるのところ、海底からの取は非常にコストがかかり、競争力を持つでにあと10年は必要といわれる

 ロシアのガスハイドレートの埋蔵量は世界一で、その大部分は永久凍土地帯やシベリア陸棚さらにはバイカル湖の底にあり、将来的にはロシアもこのガスを採取することができる。

 今のところガスハイドレートはシェールガスに続く未来の資源と言えよう。

 

 「ムニェーニア・ルー」抄訳