「X-ファイル」モルダーはウクライナ人

「X-ファイル」のモルダーFBI捜査官役で有名な、アメリカの俳優デイヴィッド・ドゥカヴニーのCMが最近、動画サイト「ユーチューブ」に投稿された。ロシアへの愛を語る、風変りなビールのCMは、数日間で200万回以上再生され、議論の的になっている。なぜこの動画にそれほど反響があったのか、なぜブロガーが反応したのか、どのようなシンボルがCMの中に組み込まれているのかについて、ロシアNOWが特集する。

ビデオ提供:Наши Герои/Youtube.com

字幕を”オン”するために を押してください

 デイヴィッド・ドゥカヴニー(デヴィド・ドゥホヴヌィ)が登場する、ロシアのビール「シベリアのコロナ」のCMは、ユーチューブ、交流サイト(SNS)の「フコンタクチェ」、「フェイスブック」、ブログ・サイト「ライヴジャーナル」などの人気のプラットフォームで話題になっている。ドゥカヴニーは俳優として役柄を演じているにすぎないが、多くの人がそれを忘れ、ドゥカヴニーの本心だと純粋に受け止めている。

 

ドゥカヴニーが普通のソ連市民

 この動画は事実上、国家の概念のミニチュアだ。主役は「私がもしロシアに生まれていたら、どうなっていただろう?」と考える。そしてソ連およびロシアの市民になじみ深いシーンが次々と登場する。

 子どものドゥカヴニーが学校のアルバムにのり、ソ連のスポーツウェアを着てスキーを滑っている写真が出てくる。次は宇宙飛行士になっている。ソ連の子どもたちは誰もが宇宙飛行士になることを夢見ていた。

 また、ボリショイ劇場の振付師にもなる。クラシック・バレエは宇宙と同様、ソ連で人気の高かったブランドだ。40歳になったドゥカヴニーは、アレクセイ・バラバノフ監督の大ヒット映画「兄弟2」(2000年)のオーディションに参加。映画の中では、「私には大家族がいることを知った…」というロシアに関する愛国的な詩を読む。次にアイスホッケーのロシア代表選手になる。アイスホッケー、バレエ、宇宙は、ロシア人が誇る代表的な分野。

 ドゥカヴニーはロシアの主要なシンボルをすべて網羅している。大自然の中で時を過ごし、バーニャ(ロシア式サウナ)に入り、オフロード車で走り、ソ連の人気ロックバンド「マシナ・ヴレメニ(タイムマシン)」のメンバーの1人であるアレクサンドル・クチコフに扮して歌をうたっている。CMでずっと流れている曲は、伝説的なロックシンガー、ヴィクトル・ツォイとそのバンド「キノー(映画)」の歌「太陽という名の星」。国民的な歌である。

 

CMというよりもドキュメンタリー

 ドゥカヴニーはかつて、ドイツのビール「レーベンブロイ」のCMに出演していた。その後「X-ファイル」や「カリフォルニケーション」などで活躍し、今度はロシアのビールのCMに出演することになった。

 多くのロシアの視聴者は、この動画をCMと見なしていない。一部はCMのないドラマのように感じている。またこれがドキュメンタリー映画で、ロシアへの愛については、俳優が脚本を読んでいるのではなく、自分の言葉で話していると思っている人も多い。

 ユーチューブのユーザーの1人Nikolay Wolfさんは、最近ロシア国籍を取得したフランス人俳優のジェラール・ドパルデューと比較している。ドパルデューは演じているわけではないため、そこが相違点だが。

 Denis Denisさんは「シートベルトしてオフロード車で野原を走ってる人がロシア人なもんか」と、おもしろいコメントを書いている。アメリカ人は、ロシア人ほど解放的ではないと言いたいようだ。

ユーザーのアレクセイ・マルチェンコさんは、ビールにこれほど高額なCM(アメリカの俳優の出演料は安くはない)を使っているというのは、アルコール事業が近いうちに終わるということではないかと憶測している。わざわざ高いCMで呼び込まなくても、アルコール飲料メーカーは普通は大丈夫だろうという意見である。

 

ウクライナvsロシア

 ウクライナのユーザーは、SNSで怒っている。最近、”聖戦”(ウクライナ関係のあおり)がひどくなっている。

 ウクライナのユーザーが、ドゥカヴニーは金のためにやってるだけだろう、と話していることに、ロシアのユーザーは”応戦”。ユーザーのChernyY IniYさんは、「今まで見たCMの中でも最高のCMのひとつ。誰もが自分磨きのために見たいことをここで見た。自国の無限の広さ、自然、バレエ、偉大な作家、宇宙旅行、アイスホッケー、偉大な統治者とか多くのことを誇るべきなんだって、マトモなロシア人に教えてくれた...これがビールのCMにしか見えなかったんなら、可哀想としか思えない」

 ドゥカヴニーの父親が、1917年のロシア革命前にアメリカに移民した、ユダヤ系ウクライナ人だったことも、火に油を注いでいるようだ。当時ウクライナはロシア帝国の一部だったが、今は独立国家。

 ドゥカヴニーは自分を何人だと考えているのだろうか。ドゥカヴニーは4月4日、自身のツイッターにこう書いた。「ずっと自分がロシア人だと思って生きてきたけど、ウクライナ人だったってことが最近わかった。変わるのに遅過ぎるということはない」

 これはロシアが3月21日にクリミアを編入した後の話。同時にロシアのCMの撮影を行った。これは普通のことである。大切なのは、見る側が画面の中のイメージを、本音ととらえないことだ。