メドベージェワがロシアを救う

エフゲニア・メドベージェワ=

エフゲニア・メドベージェワ=

ロイター通信
 世界のフィギュアスケートでロシアの女子シングルの選手が台頭する一方で、他の種目にはたくさんの構造的な問題が蓄積している。

黄金の少女たち

 ロシアの女子選手が比類なき演技をしていなかったら、ロシア代表の世界フィギュアの結果は悲惨だっただろう。大会のトリを飾った女子シングルのフリーまで、代表にはメダルが一つもなく、落胆が広がっていた。全体的な状況、そして女子間の競争という二重のプレッシャーを負いながら、女子選手は氷上にあがった。大会はアメリカのボストンで行われたため、アメリカ人女子選手がフリーで表彰台にあがるだろうと考えられていた。ショートが終わった時点でトップに立っていたのは、アメリカの、苗字からしてもトップの、グレイシー・ゴールドであった。

 だがエフゲニア・メドベージェワ(16)はフリーで見事な滑りを見せ、タイトルを誰が手にするかは火を見るより明らかになった。グランプリ(GP)ファイナル、ヨーロッパ選手権の金メダリストであるメドべージェワは、世界新記録(フリープログラムで150.10ポイント)を出し、もう一つの金メダルを獲得した。アンナ・ポゴリラヤ(17)は銅メダルを手にした。どちらも、闘いへの技術的、心理的準備が整っていたことを示した。メドベージェワに期待しなかったのは一部の無関心な人だけであろうが、ポゴリラヤのメダルは多くの人にとって予想外であった。

 「ポゴリラヤはとても自信をもって、力強く、情熱的に滑った。上位の競争はとても熾烈で、予想外の結果はふつうにありえた。表彰台にあがったのは、安定した、きれいな滑りを見せた選手だった」と、昨年の世界選手権の金メダリストで、今年は代表に選考されなかったエリザベータ・トゥクタミシェワがほめたたえた。

 ロシアの女子選手の繁栄期は長く続くのだろうか。プログラムの難度は相当高いが、現在の競争レベルでは、安定性が勝敗をわける。昨年のメダリストであるエレーナ・ラジオノワは、良い滑りながらも理想的ではない滑りで6位にとどまった。

アンナ・ポゴリラヤ=アレクサンドル・ヴィリフ撮影/ロシア通信

ウルトラCを開拓したペア

 さて、ペアの勢力バランスを示したのは、今回の世界フィギュアだった。過去にオリンピックで優勝、入賞したペアもいる、ロシアの3組は、優勝どころか表彰台にあがることすらできなかった。

 タチヤナ・ボロソジャルとマクシム・トラニコフ組、クセニヤ・ストルボワとフョードル・クリモフ組がソチ冬季オリンピックで自分たちの最高の滑りを披露してから、すでに2年が経過した。この間、ペアの世界はウルトラCのエレメントを求め、この成果がメダル獲得を決めるようになっている。今回の世界フィギュアで金メダルを獲得したカナダのメーガン・デュアメルとエリック・ラドフォード組、銀メダルを獲得した中国の隋文静と韓聰組は、この方向で練習を続けてきた。ロシアのペアはというと、足踏み状態。ストルボワ・クリモフ組のようなケガ、ボロソジャル・トラニコフ組のようなモチベーション欠如が一部要因になっている。

 さらに、今大会に出場したペア3組すべてが、ニーナ・モゼル・コーチのグループの選手であることも、要因の一つである。選手と同様、コーチにも競争が必要なのだ。

 

別れて負けて

 アイスダンスでは、ロシアは9位と11位に沈んだ。エリート組に食い込むことが非常に難しいこの種目では、ポストオリンピック・シーズンの決定が現状を生んだ。

 エレーナ・イリイヌィフとニキータ・カツァラポフ組はソチ・オリンピックで銅メダルを手にし、アイスダンスでトップになることが期待された。だがペアを解消してしまった。代わりに2組できたわけだが、自分たちの最高の演技でさえも、トップの滑りにすっかりかき消されてしまったのである。

 

新たなプルシェンコ?

 男子シングルはプルシェンコを欠く中、高い結果をだすことができていない。数シーズン、ロシア代表のトップの称号を得ているマクシム・コフトゥンは、その責任を果たせていない。何よりも精神的な要因である。今大会で18位に終わったことが、その証拠だ。一方、ヨーロッパ選手権と世界選手権に21歳でデビューしたミハイル・コリャダは、パトリック・チャンを超えて表彰台手前に位置し、真のセンセーションを巻き起こした。

ミハイル・コリャダ=アレクサンドル・ヴィリフ撮影/ロシア通信

 コリャダのヴァレンチナ・チェボタリョワ・コーチは、進歩を始めたのが遅かったが、活躍は妥当だと話す。「コリャダは重いケガを負い、何度も手術を受け、足にはプレートが入っている。1シーズン丸ごと断念している。それを乗り越えてきた。今大会ではデビュー選手だったため、プレッシャーもなかった。自由に滑ることができていた」

関連記事:

羽生選手vsプルシェンコ選手>>>

プルシェンコに再び脊椎の手術>>>