ポゴリラヤが浅田との競争を楽しみに

 フィギュアスケート女子シングルのロシア代表のアンナ・ポゴリラヤは、中国と日本で開催されるグランプリシリーズで日本代表の浅田真央と競争できることを、今から楽しみにしている。本人が「Rスポルト」通信の取材に対して、これを明らかにした。

 グランプリシリーズ第3戦中国大会は11月6~8日、第6戦日本大会は11月27~29日に行われる。ポゴリラヤも、3度の世界チャンピオンである浅田も、両大会に出場する。

 「私の目標は、レベルを落とさず、しっかりと準備をし、中国と日本の大会で適切な演技をすること。浅田真央さんとの競争はとても困難になるってわかっている。何と言っても浅田真央だから!でも全身全霊、できることをすべてやり、自分の力を出し切ることが必要」とポゴリラヤ。

 第5戦ロシア大会に出場できないからといって、がっかりしているわけではないという。「むしろ、中国と日本に行くのが大好きだから、とても嬉しい!人々が大好き。とても歓迎してくれるの。特に日本の人。フィギュアスケートをとても愛している。そしてとても前向きな人ばかり。すごく滑りやすいの」とポゴリラヤ。

 

記事全文(露語)