「スポーツこそ政治家にとって良いお手本」

Press Photo

Press Photo

ロシア・プレミアリーグに属する有名サッカー選手である、ウクライナ人のアナトリー・ティモシュチュクが、ロシアNOWのインタビューに応じ、相互理解が困難なときにはスポーツが大いに役立つと述べた。ティモシュチュクは、ウクライナで実施されたファン投票で、同国史上最高のサッカー選手に選出されている。

 2015年夏、ロシア・プレミアリーグのスター選手であるアナトリー・ティモシュチュク(36)が、ロシアの国営天然ガス企業「ガスプロム」が主催する国際青少年イベント「友情のためのサッカー」(フットボール・フォー・フレンドシップに、生まれ故郷のウクライナ西部ルーツィク市のジュニアチームを率いて参加、チームを決勝トーナメントに導いた。このイベントは、6月4日から6月7日までドイツの首都ベルリンで、UEFAチャンピオンズリーグ決勝を前に行われた。ロシアNOWへのインタビューでティモシュチュクは、青少年スポーツの育成における、モチベーション向上について語るとともに、スポーツは、政治的危機に際して、相互理解のために大いに役立つと述べた。

 

2018FIFAワールドカップ・ロシア大会に関連し、青少年スポーツの促進に関して、多くの議論が行われると思われますが、経験豊かな選手たちのプレーが、青少年をどれだけインスパイアするでしょうか?

 プロ選手とジュニアのトレーニングがレベルに応じて異なるのは当然で、それゆえ、私の所属する「ゼニト・サンクトペテルブルク」では、合同トレーニングは行われません。しかし、私の個人的な経験では、子どもがマスタークラスのトレーニングに参加することは、プロを目指すモチベーションの向上に非常に役立つと思います。誰もがプロ選手になれるわけではありませんが、こういう場でサッカーをした経験はかけがえのない記憶として残ります。

 私は常に社会活動をサポートするようにしています。青少年の成長にとって最も大事なことは、様々な国の選手とコミュニケートすること、そして、新たなことに気づき、いろいろな感情を体験することです。

「友情のためのサッカー」 

「友情のためのサッカー」(フットボール・フォー・フレンドシップ)は、国際プロジェクトで、2013年に、ロシアの国営天然ガス企業「ガスプロム」の社会貢献プログラム「子どもたちのために―ガスプロム」の一環として始まった。この青少年サッカー・フォーラムは、今回が3回目を迎える。今年は、6月4日から6月7日まで、世界24カ国から青少年がドイツの首都ベルリンに集まった。オーストリアの「ラピッドウィーン」と、スイスの「チューリヒFC」との間で、都心のブランデンブルグ門の傍で行われた。世界的に有名な偉大なサッカー選手であったフランツ・ベッケンバウアー氏がアンバサダーを務め、選手を迎えた。ベッケンバウアー氏によると、このトーナメントのモットーは、お互いに対する尊敬と寛容という普遍的な人間的価値だ。フォーラムのクライマックスは、このイベントの表彰式で、「九つの価値」カップの贈呈。FCバルセロナが受賞した。受賞者は、参加した子どもたち自らが選び、青少年サッカーへの支援、発展途上国の子どもたちに対するサッカー支援などの観点から選定された。トーナメント終了後には、6月6日、ベルリン・オリンピアシュタディオンで、子どもたち全員がUEFAチャンピオンズリーグ決勝「FCバルセロナ」対「ユベントス」を観戦した。

 

―有名選手の参加は、この種のイベントの成功の鍵だと思いますか?

 私たちは当然ながら一人ひとり違います。ですから一番大事なのは、自分自身を理解すること、可能性を自ら把握すること、自分なりの強みを持つことです。有名アスリートは成功体験があり、それが、青少年のモチベーションをあげて、成長を促すことが出来ますし、彼ら自身とその生活をより素晴らしく健康的なものにしてくれるのです。

 

―ウクライナのチームは、このイベントに二度目の参加をしました。ウクライナのチームがロシアのプロジェクトに参加することで、昨今の政治問題に果たす役割はどう考えますか?

 私は、サッカーはサッカー、政治は政治であるべきだと思います。サッカーでは、90分間、2つのチームが勝利を目指して戦うわけですが、ウクライナは国際大会に参加できますし、ロシアのチームもウクライナの大会に出場することが出来ます――いずれのチームも同じ条件で。ワールドカップがいい例です。イングランドとアルゼンチン、フランスとドイツ、ロシアとウクライナが対戦することがあり得るのです。おそらく、サッカーは政治家にとって両国間の関係を考えるのによき例となるのではないでしょうか?

 

2018年のW杯ロシア大会が、ロシアのスポーツ振興、特に青少年スポーツに及ぼす影響はどうお考えですか? 

 私は、2006年のドイツ大会にウクライナ代表として参加しました。だからこそ言えるのですが、サッカーの人気は、こういうサッカー大国でさえ更に上がっているということです。W杯のレベルはロシア・サッカー史上初めて体験するものですし、だから、ロシアの実力を世界に発揮してみせるだけでなく、ロシア人すべてに興味をもってもらういいチャンスでしょう。

アナトリー・ティモシュチュク 

アナトリー・ティモシュチュクは、ウクライナ西部のルーツィク市のクラブ「ヴォルィーニ」の出身。ウクライナ東部のFCシャフタール・ドネツクで1998年から2007年までプレーし、有名選手になる。2007年には、ロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに2000万ドルという、旧ソ連圏では最高額となる移籍金で入団。2009年には、UEFAカップとUEFAスーパーカップを獲得。2009年、バイエルン・ミュンヘンに入団し、2013年、古巣のゼニトに戻った。ウクライナ代表チームでキャプテンを務め、代表出場記録を伸ばし続けている。2015年夏、ゼニトとの契約を満了。今後の計画については未だ明らかにしていない。